兵庫県西宮市を街歩き!健康的な旅を楽しめるおすすめウォーキングコース♪

兵庫県西宮市へ行ったことはありますか?関西エリア在住の方であれば、乗換などで利用することもあるかもしれませんが、その他の都道府県民からするとあまり知名度が高くない市かもしれませんね。
今回はそんな西宮市を、あえて徒歩で巡ってみましょう!険しい道は特にないので、普通のスニーカーやウォーキングシューズでOKです。ただ歩行距離が長く休憩場所がないエリアもあるので、飲みものの準備と体調管理はしっかり行いましょう。乗り物の移動では発見しづらい街の特徴や、地元の暮らしに触れながら楽しんでみてくださいね。

「西宮神社」のえべっさんで旅の安全を祈願

西宮神社

旅のスタートはここ「西宮神社」からです。
西宮神社は商売繁盛のお宮さんで、「えべっさん」の愛称で親しまれています。境内には庭園やお茶屋さんがあり、池を泳ぐ錦鯉の美しさは目を見張るものがあります。
参拝をすませたら、いただいたパワーで次へ向かいます。

■えびす宮総本社西宮神社
住所
兵庫県西宮市社家町1-17
参拝時間
通常/5:00~19:00、10~2月/5:00~18:00、3月/5:00~18:30
定休日
電話番号
0798-33-0321

橋から眺める雄大な西宮の海とマリンスポーツ

橋から見る西宮マリーナ

西宮神社から海の方へ国道171号線を通って歩いていくと、西宮大橋に出ます。とても長い橋ですが、景色が素晴らしいので飽きることがありません。海や空の淡い水色に建物やヨットの白が映え、とても美しい情景です。
西宮マリーナ付近ではマリンスポーツが盛んで、繰り広げられる豪快なプレイは見る者の目を楽しませてくれます。広い歩道があるので歩きやすいですが、すれ違う自転車や強風などに気を付けて渡りましょう。
また、西宮マリーナの南側には、珍しい跳ね橋「御前浜橋」がありますのでそちらもぜひチェックを。ゴッホが描いた「アルルの跳ね橋」を連想させる場所です。

■西宮マリーナ
住所
兵庫県西宮市西波止町1-2
営業時間
平日/10:00~18:00、土日祝/9:00~18:00
定休日
火曜日、その他不定休あり
電話番号
0798-35-7757

「貝類館」で美のセンスを磨く!?

貝類館

西宮の南エリアにたどり着いたらぜひ寄っていただきたい、ちょっぴりマニアックなスポット「貝類館」をご紹介します。テーマカラーの淡いブルーが美麗な建物。なんとあの有名建築家・安藤忠雄氏の作品で、ヨットの帆を思わせるような外観も注目ポイントです。
こちらの博物館では、まずさまざまな種類の貝が丁寧に並べられて貼られたフォトジェニックな看板が目に入ります。世界中の貝が展示されているので、「貝」といってもこれだけの種類があるのかと驚きますよ。実際に手で触れることができる貝もあるので、是非貝類や海の生き物の知識を深めてみてはいかがでしょうか?
また、こども向けの展示が多いものの大人でも十分楽しめる内容になっているので、書籍なども併せてご覧くださいね。

■貝類館
住所
兵庫県西宮市西宮浜4-13−4
営業時間
10:00~17:00(最終入館16:30)
定休日
水曜日、年末年始 ※7月20日~8月31日は無休
入館料
一般(高校生以上)/200円、小・中学生/100円、幼児/無料
電話番号
0798-33-4888

ヨットハーバーで爽やかなゴールを!

西宮ヨットハーバー

西宮ウォーキングのラストを飾るのは、「新西宮ヨットハーバー」です。白いヨットと青い海のコントラストが美しい場所で、近くに公園もあるのでゆっくり休憩できます。
帰りはまだ疲れが残っているようであれば、バスで西宮駅まで戻っちゃいましょう。違うコースを通って頑張って歩いて帰るのも楽しいですよ♪上述の跳ね橋「御前浜橋」を渡るのもオススメです。

■新西宮ヨットハーバー
住所
兵庫県西宮市西宮浜浜4-16−1
営業時間
通常/9:00~17:00、夏期の土・日曜日・祝日/9:00~18:00
定休日
火曜日(8月第1・2週は営業)
電話番号
0798-33-0651

この記事は2017年10月22日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。

ここむんと
長野出身、大阪在住のライター4年目。トリドリでは関西メインで執筆中で、できるだけ自分で実際に歩いて撮った一次情報をシェアしています。旅の計画から帰宅後まで活用してもらえるコンテンツを目指して。
ブログ:http://www.kkomund.com/
Instagram:Instagram@art_music_withme