まるで宝石箱のようなカラフルで可愛い街♪メキシコの世界遺産「グアナファト」

メキシコ観光と言えば、カンクンのビーチリゾートを思い浮かべる人が多いでしょう。しかしビーチリゾートだけでなく、カラフルな街並みが可愛いと評判の街があるんです。今回は世界遺産にも登録されている「グアナファト」の街をご紹介します。

グアナファトとは?

グアナファトの街並み

メキシコの首都、メキシコシティーから北西へ370kmほど行った先の、メキシコ中部にあるグアナファト。かつてスペインの植民地だったためにヨーロッパの影響を受け、古いヨーロピアン調のコロニアルスタイルの建築物が多く残る街となりました。その美しい街並みが歴史的に評価され、豊かな銀山を持つ土地と合わせて街全体がユネスコの世界遺産に登録されています。メキシコに数あるコロニアルシティの中でも、最も美しくて綺麗な街並みと言われるのがこのグアナファト。多くの観光客がこの可愛くてカラフルな街並みを見るために足を運んでいます。

最大の魅力は丘の上から望む夜景!

グアナファト
Photo credit: justin_vidamo on VisualHunt.com / CC BY

このカラフルな街並みは日中の鮮やかな景色も素敵なのですが、さらに素晴らしいのが丘の上からの夜景!日が沈みかけて家の明かりがつき始める夕方から眺めると最高です。夕陽に照らされるカラフルな色の家々に少しずつ明かりが灯されて、空は暗くなっていく幻想的な風景をじっくりと楽しんでください!ロマンチックでキラキラとした夜景が、胸に焼き付いて忘れられなくなるでしょう。

気になる治安や費用は?

グアナファト
Photo credit: jiuguangw on VisualHunt.com / CC BY-SA

さて、気になるのが治安ですが、グアナファトは夜の街並みも夜景の明かりを見てもわかるように明かりが多く人通りも多いので、そこまで心配することはないでしょう。警察もちょこちょこ見回りをしています。ただし、入り組んだ細い路地や、地下道は歩かないようにした方がいいです。もちろん、ひとり歩きもやめておきましょう。
グアナファトへ行く際は、メキシコの首都、メキシコシティーの北方面バスターミナル「Terminal Central del Norte」からグアナファト郊外のバスターミナル「Central Camionera」まで直行の高速バスに乗って行くのが主流です。乗車時間はだいたい4時間半から5時間ほど。長旅にはなりますが、乗り換えがないので安心です。費用は片道約550ペソ(=日本円にしてだいたい3,200円ほど)です。

近年インスタ映えがすると人気のカラフルな街並み。少し行きにくいところではありますが、それだけに可愛い街に行けた時の感動もひとしおではないでしょうか? メキシコ旅行を考えている方は、ぜひグアナファトへの旅行を計画してみてくださいね。

この記事は2017年11月5日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。