北極圏にある世界最大の島グリーンランド観光。オーロラや白夜に氷河クルーズ・ホエールウォッチングを体験しよう!

グリーンランド 氷山とフィヨルド
グリーンランド 氷山とフィヨルド

今回ご紹介するのは北極圏のグリーンランド。南極大陸の他で唯一、氷床に覆われている場所です。グリーンランドという名前に似つかわしくない氷に覆われた土地ですが、その美しくスケールの大きな景観や「夏の白夜」や「冬のオーロラ」のような自然現象は訪れるものを引きつけます。

この記事のもくじ

  1. グリーンランドってどんなところ?
  2. 観光の拠点は「氷塊」の街イルリサット
  3. 世界屈指の美しいオーロラが観測できる!
  4. 氷河の崩落を見ることができるエキップ氷河へ
  5. 南グリーンランドでのホエールウォッチング
  6. グリーンランドへの行き方や費用や服装は?

グリーンランドってどんなところ?

グリーンランドの街並み
グリーンランドの街並み

グリーンランドは国ではなく、北極海と北大西洋の間にあるデンマーク領の世界最大の島。その面積は日本の約6倍もあり、80〜85%ほどが氷に覆われていると言われています。観光のベストシーズンは白夜が観測でき、6月~8月の夏ですが、氷河や氷山は一年中見ることができます。

観光の拠点は「氷塊」の街イルリサット

イルリサットの夕暮れ
イルリサットの夕暮れ

なかでもグリーンランド西部にある、グリーンランド語で「氷塊」という意味の街イルリサットは、街の目の前に流氷が流れ着いているんです!カラフルな家々と迫り来る流氷がなんとも独特な景観をかもし出していて観光で人気の街の一つ。氷山展望ハイキングや雪原を走る「犬ぞり」体験ができる街としても有名です。
北半球で最も多くの氷山が生まれると言われる世界遺産「イルリサット・アイスフィヨルド」も壮観。是非訪れてみたいスポットです。

世界屈指の美しいオーロラが観測できる!

カンゲルルススアークのオーロラ
カンゲルルススアークのオーロラ

北極圏に位置するグリーンランドはオーロラを観測することができます!寒い時期にしか見られないというイメージがありますが、グリーンランドのオーロラシーズンは白夜の季節以外の9月~4月で、秋にもオーロラを見ることができます。
地球上でオーロラがもっとも頻繁に出現するエリア「オーロラベルト」に位置する街のカンゲルルススアークは、晴天率が高いことと、人口の光が少ないことから、世界屈指の美しいオーロラが見られる街とされています。

氷河の崩落を見ることができるエキップ氷河へ

グリーンランド 氷河
グリーンランド 氷河

北極圏に位置するグリーンランドでは、氷河の間近まで迫ることができる「氷河クルーズ」が人気のアクティビティです。特に氷河が崩落するところが見られるエキップ氷河はぜひ訪れてみたいところ!
直前にクルーズを申し込もうとしてもできない場合があるので、初めから見たいと思っているのなら日本から予約をしていくか、日程に盛り込まれたツアーを手配するのがおすすめです!

南グリーンランドのフィヨルド付近でのホエールウォッチング

ザトウクジラと氷山 ディスコベイ グリーンランド
ザトウクジラと氷山 ディスコベイ グリーンランド

グリーンランドでは、さまざまな珍しい動物に出会うことができます。クジラをはじめ、白クマ、セイウチ、ベルーガなど、野生動物に遭遇するクルーズも企画されています。
10日前後のクルーズですと、より珍しい動物に出会える島に立ち寄ることもありますが、料金もその分100万円を超えてきます。人気は南グリーンランドのフィヨルド付近での「ホエールウォッチング」。運がよければ、親子クジラの姿を見ることができるかもしれませんよ!値段も2万円代からあるので比較的行きやすいですね。

グリーンランドへの行き方や費用や服装は?

グリーンランド 氷河
グリーンランド 氷河

グリーンランドへは日本からの直行便はありません。デンマーク・コペンハーゲンからグリーンランド航空を利用するか、アイスランドからエアーアイスランドを利用して行くことができます。(行き先の都市や時期により、利用できる航空会社が異なります。)
ツアーに申し込しこんだ場合は、旅行費用は内容により30万円から100万円くらい。どれだけアクティビティを盛り込むかで変わってきます。
寒い地域ですので、夏でもセーター、フリース、ウインドブレーカーのご用意を。冬には本格的な防寒対策が必要です。靴は厚底で歩きやすいものを、サングラスや日焼け止めも忘れずに持って行きましょう。

この記事は2016年10月16日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。