新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設や店舗は営業時間変更または臨時休業となっている場合があります。事前にイベント主催者や各施設の公式ウェブサイト等でご確認ください。

沖縄のパワースポット「古宇利島」を満喫!! ハートロックやオーシャンタワーへ行こう!

美しい海やビーチが楽しめる沖縄ですが、中でも人気が高い「古宇利島」へ行ったことはありますか? 沖縄県北部エリアに位置する島で、屋我地島(やがじしま)を経由して行けます。多くの魅力的な観光スポットがある沖縄の中でも人気の、古宇利島の魅力をご紹介します。

沖縄の綺麗な海を満喫できる「古宇利大橋」

古宇利大橋
古宇利大橋
撮影:dip / BUD International

全長約1,960mの「古宇利大橋」は屋我地島と古宇利島を結ぶ橋で、車はもちろん徒歩でも渡れます。橋の両側に広がる海がとにかく綺麗で、エメラルドグリーンの海がすぐそこできらめきます。透明度が高いので晴れた日は海の中まで見えますよ。運が良ければウミガメやマンタを見られるかもしれません。

古宇利ビーチ
古宇利ビーチ

思わず海で遊びたくなったら、橋のすぐそばの古宇利ビーチへ行きましょう。更衣室やシャワー設備が充実しているほか、マリングッズのレンタルもあるので便利です。

古宇利ビーチ

海を一望できる展望台が人気の「古宇利オーシャンタワー」

古宇利オーシャンタワー
古宇利オーシャンタワー

「古宇利オーシャンタワー」はお土産ショップやレストラン、ミュージアムまである総合施設です。最上階のオーシャンデッキは、あたり一帯を望めるビュースポットとして特に人気です。
お土産ショップやレストランのある1階部分は入場無料で利用できますが、展望台含めたその上のエリアは有料です。名物のカートも有料エリアで体験できますよ。上のエリアには展望台のほか、貝殻の博物館「シェルミュージアム」が併設されています。2階3階は屋内展望フロアで、屋上のオーシャンデッキに着くと一気に視界が開けます。

古宇利オーシャンタワー
古宇利オーシャンタワー

屋上のオーシャンデッキにある“幸せの鐘”の向こうには南国の輝く海と空が広がります。 お土産売り場には古宇利島限定の商品がたくさんあるので、お土産選びにもおすすめです。“島かぼちゃ”を使ったスイーツが人気を集めています。

古宇利オーシャンタワー
住所
沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利538
営業時間
9:00~18:00(最終入園17:30)
定休日
なし
入園料金
大人/850円、中・高校生/600円、小学生/300円、小学生以下/無料
電話番号
0980-56-1616
HP
古宇利オーシャンタワー

「はじまりの洞窟」のチグヌ浜でパワースポットを体感しよう

はじまりの洞窟
はじまりの洞窟

島がまるごとパワースポットとして知られる古宇利島には、ある伝説が残っています。はるか昔、男女2人の子どもが空からこの島に降ってきて、琉球人の祖となったというのです。アダムとイブのようなストーリーをたどることから古宇利島全体をさして“恋島”とも呼ばれているんですよ。

チグヌ浜にある「はじまりの洞窟」はそんな伝説が残る場所です。パワーがいただけそうな、神秘的な雰囲気が漂います。
チグヌ浜は、周辺に駐車場やシャワー設備はなく、海も深いですが、地元住民がよく泳いでいるスポットです。

はじまりの洞窟(チグヌ浜)

ハート形の岩「ハートロック」があるティーヌ浜で絶景写真を撮ろう

ハートロック
ハートロック
撮影:dip / BUD International

ハート形の岩「ハートロック」も古宇利島の名所のひとつです。島の北側のティーヌ浜にあり、訪れる際は小さな看板を見落とさないように注意してください。このビーチは、自然のままの素朴なビーチで、海の透明度も抜群です。

ハートロック
ハートロック
撮影:dip / BUD International

自然が創り出したハートなんて、“恋の島”らしい素敵な風景です。ビーチに下りるための足場が急なので、しっかりとした靴を履いて行くのがおすすめです。

ハートロック(ティーヌ浜)

古宇利島へのアクセスは?

古宇利大橋
古宇利大橋
撮影:dip / BUD International

古宇利島は島ですが、船では行けません。沖縄本島と橋で繋がっている屋我地島を経由し、古宇利大橋を通って行くことになります。車を利用する場合は那覇空港から約1時間半、美ら海水族館からは約30分の距離です。
公共交通機関を利用する場合は、那覇空港と今帰仁エリアを結ぶ「やんばる急行バス」で本部博物館バス停もしくは、今帰仁城跡入口バス停まで行き、無料で運行している「やんばる急行 シャトルバス」に乗車するのが便利です。

沖縄旅行の際には、ちょっと足を延ばして古宇利島へ行ってみてはいかがですか?

この記事は2018年3月8日に公開されたものを編集したものです。

 

※情報は記事公開日時点のものになります。