チェコの世界遺産の街「チェスキークルムロフ」おすすめ観光スポット! 行き方や日帰りについてもご紹介

チェスキークルムロフは、“世界一美しい街”として知られる、チェコの世界遺産の街です。プラハからバスで約3時間のところに位置します。街には多くの観光スポットがありますが、小さな街なので日帰りでも回りきれます。この記事では、おすすめのスポット、行き方、日帰り観光の際の注意点などをご紹介していきます。

目次

  1. ライトアップも美しいチェスキークルムロフ城
  2. 緑のとんがり帽子が可愛い聖ビート教会
  3. おとぎ話の国のようなラトラーン通り
  4. セミナールニー庭園からチェスキークルムロフの街を一望!
  5. チェスキークルムロフはプラハからの日帰り観光も可能
  6. チェスキークルムロフのホテルに宿泊してライトアップ
  7. チェスキークルムロフへのアクセスは?

ライトアップも美しいチェスキークルムロフ城の見学方法

チェスキークルムロフ城と街並み
チェスキークルムロフ城と街並み

「チェスキークルムロフ城」はこの小さな町には似つかわしくないほど大きく立派な城で、チェコ国内ではプラハ城に次ぐ規模を誇ります。高台にあるこの城には5つの中庭があり、塔からはチェスキークルムロフの素晴らしい街並みを見渡すことができ、城の内部を見学できるツアーが2種類あるので、ぜひ参加してみてください。どちらも所要時間は約1時間です。近頃では観光客の増加により内部に入るのに多少待たされる場合がありますが、待ってでも見学する価値は十分にあります。ただし、冬季(11〜3月)と毎週月曜日はお休みのため、中には入れませんので気をつけてください。ですが、中には入れなくても、城を照らす夜間のライトアップは見応えがありますよ。

チェスキークルムロフ城
住所
Zamek 59, 38101 Cesky Krumlov
TEL
380 704 711
営業時間
4・5・9・10月/9:00~17:00、6〜8月/9:00~18:00
定休日
毎週月曜、11〜3月

緑のとんがり帽子が可愛い聖ビート教会

ヴルタヴァ川沿いの聖ビート教会
ヴルタヴァ川沿いの聖ビート教会

「聖ビート教会」は、チェスキークルムロフ城と同じく街のシンボル的建築物で、旧市街に建つゴシック様式の教会です。スヴォルノスティ広場近くの階段を登った場所に建っています。館内は白くとてもスッキリしていて明るい印象を受けます。主祭壇には、聖マリアとともに聖ビートが描かれているほか、宗教にまつわる多くの絵画や彫刻などを鑑賞できます。また、ヨーロッパの教会らしい立派なパイプオルガンが置いてあります。時間が合えば鐘楼の美しい鐘の音を耳にすることができるかも。通りからは少し離れていて比較的観光客が少ないので、ツアーの合間でもゆっくり見学が可能。しかも無料で入れますよ。撮影の際は、フラッシュ無しの撮影なら許可されているようですが、念のため確認することをおすすめします。

聖ビート教会
住所
Kostelní, 381 01 Český Krumlov
TEL
380 711 336

おとぎ話の国のようなラトラーン通りへようこそ!

モザイクが可愛いチェスキークルムロフ旧市街
モザイクが可愛いチェスキークルムロフ旧市街

「ラトラーン通り」はその昔、城で働く人などが多く住んでいたいわば“城下町”にあたるエリアです。通りの両側には「スグラヴィータ様式」という、いわゆるだまし絵を壁面にあしらった可愛いらしい建物をいくつも見ることができます。スグラヴィータ様式とは、2色の濃淡のある漆喰を壁に二層に塗り、上の層の漆喰を落として外壁の模様を描くというものです。これが見事に、綺麗な凹凸のある壁面に見えるのです。途中にある橋の上からはチェスキークルムロフ城の塔が望め、緩やかな勾配のある石畳の両側には、ショップ、レストラン、カフェなどのお店が建ち並んでいます。まるでおとぎ話の世界に迷い込んでしまったかのような、中世ヨーロッパの面影を色濃く残す通りです。

チェスキークルムロフの街を一望できるセミナールニー庭園に行こう

チェスキークルムロフの街並み
チェスキークルムロフの街並み

チェスキークルムロフにはいくつかのおすすめ展望スポットがあり、先ほどご紹介したチェスキークルムロフ城の塔からの眺めも外せませんが、もう一つ、ぜひ足を運んでいただきたいのがホテル・ルゼの前にある「セミナールニー庭園」です。ここからは、チェスキークルムロフ城のピンク色の塔と、旧ヨシュタ教会の緑色の塔の両方を同時にカメラに収めることができます。街を彩る赤茶色の屋根とのコントラストが美しい、定番の展望スポットです。昼間の景色はもちろんのこと、夜の眺めも格別。ライトアップされたチェスキークルムロフ城と、街灯が灯る美しい街並みを一望できます。ベンチに腰掛けて、ゆったりとくつろぎのひと時を満喫しましょう。

セミナールニー庭園
住所
381 01 Český Krumlov

チェスキークルムロフはプラハからの日帰り観光も可能!

チェスキークルムロフの街並み
チェスキークルムロフの街並み

ご紹介した他に、旧市街の中心地である「スヴォルノスティ広場」や、おとぎ話に出てくるような可愛い形の「ブジェヨビツエ門」、美味しい料理が味わえる数々のレストランなど、見逃せないスポットが多くあります。ですが街全体がコンパクトなので、プラハから日帰りで行くことが可能。プラハからの長距離バスを利用して、片道約3時間の道のりです。チェスキークルムロフのバス停「Autobusove nadrazi」に到着すれば、チェスキークルムロフの街はすぐ目の前。せっかくプラハまで行くのなら、世界遺産のチェスキークルムロフまで足を延ばしてみては?

チェスキークルムロフのホテルに宿泊してライトアップを楽しもう

雪降るチェスキークルムロフの夜景
雪降るチェスキークルムロフの夜景

チェスキークルムロフにはプラハから3時間ほどで行けるので日帰りでの観光もできますが、できれば宿泊してゆっくりと滞在することをおすすめします。なぜなら夜には、幻想的にライトアップされたチェスキークルムロフ城や、灯りが輝くロマンチックな街並みが見られるからです。特に雪の降る冬のシーズンのライトアップはまるで絵葉書のようだと人気!冬の夜は人通りがまばらですが、通りを照らす街灯がとても暖かに感じられます。ホテルに帰る途中でレストランに寄って、地元のビールや美味しいグルメを堪能するなんていかがでしょう。滞在ならではの過ごし方ですよね。小さな街とはいっても観光名所なのでホテルやペンションなど多くの宿泊施設があります。中でも、旧市街にある「オールドイン」「ホテル・ルゼ」「ホテル・グランド」なら街の中心あたりに位置しているのでお店などが近く、しかもコスパが良いのでおすすめです。

チェスキークルムロフへのアクセスは?

チェスキークルムロフへはプラハから向かうことが主流ですが、オーストリアのウィーンやザルツブルクから向かっても同じくらいの距離で、バスや鉄道で訪れることができます。
プラハからバスで行くには、「STUDENT AGENCY」社のバスがおすすめです。市中心部の「Na Knizeci」バスターミナルから乗車し、チェスキークルムロフの「Český Krumlov (Špičák)」バス停で下車します。所要時間は約3時間。電車なら、プラハ駅から乗車し、途中「Ceske Budejovice」で乗り換えて、チェスキークルムロフ駅下車です。所要時間は乗り換え状況で変わりますが、かかったとしても4時間ほど。
オーストリア国内からチェスキークルムロフまでバスで行くなら、CKshuttle社のシャトルバスが便利。滞在ホテルまで向かいに来てくれます。

ウィーンからの所要時間は約3時間です。ザルツブルクから、約3時間30分です。ウィーンから電車で行くなら、「ウィーン西駅」から乗車し、途中「リンツ中央駅」で乗り換え、チェスキークルムロフへ向かいます。所要時間は約5時間です。
ザルツブルクからなら、「ザルツブルク駅」乗車し、「リンツ中央駅」で乗り換え、チェスキークルムロフへ向かいます。所要時間は約5時間15分です。電車だと、駅からチェスキークルムロフの市街地まで距離があり、途中に乗り換えがあったりするので、バスより時間がかかります。
一方、バスは本数が多くて料金が安く済みます。これらのことから判断すると、電車よりもバスの方が便利だといえるかもしれませんね。

チェコのチェスキークルムロフは小さい街だけど見どころがいっぱい詰まった、まるでおとぎの国のような街。日帰り観光もできて、宿泊すれば楽しみも倍増。ぜひ、“世界一美しい街”と名高い世界遺産の街へと出かけましょう!

※情報は記事公開日時点のものになります。