• 2017年6月8日 更新
  • 127views

Yokito

晩酌のアテに最適♪食べ始めたら止まらない世界中の美味しいお漬物をご紹介☆

漬物のイメージ

大好物の人もきっと多いお漬物。日本には様々な種類がありますが、実は世界にも色々なお漬物があることをご存知でしたか?今回は是非試してみたい各国のお漬物をご紹介します☆

お酒のお供に最適♪世界中の発酵食品で美味しく健康に◎

チーズなどの発酵食品

食べだしたらついつい止まらなくなる美味しいお漬物。浅漬けや千枚漬けを除いた多くは発酵食品になります。発酵食品は、発酵する過程で食材の成分が変わったり、悪玉菌の繁殖が抑えられたりする、体に良い作用がもたらされた健康的な食べ物。漬物の他にも、牛乳を発酵させたチーズや魚を発酵させたアンチョビなども発酵食品。保存が効き、健康にも良いため古くから愛される発酵食品!ですが世界のお漬物というとピンとこない人もいるのでは?実はアジアを始め、世界中に美味しいお漬物があるんですよ♪

どれだけ知ってる?多種多様なお漬物♪

キムチ

例えば日本のお隣韓国ならばキムチ、中国ならザーサイなどは日本でも知名度が高いですが、漬物を英語で「ピクルス」というように、欧米諸国では酢漬けのキュウリや野菜などが日本でのお漬物にあたる存在として愛されています。

mayumiさん(@mina.mayu)がシェアした投稿

細切りしたキャベツを塩漬けし乳酸発酵させたドイツの「ザワークラフト」や、中欧・東欧の料理に付け合わせとしてよく出てくるビーツの根を甘酢漬けした「酢漬けビーツ」。

ケッパーを塩漬けし乳酸発酵させたイタリアの「ケッパー漬け」のほか、スペインのレストランではビールを頼むと必ずついてくるアク抜きしたオリーブを塩漬けした「オリーブ漬け」など様々な種類があるんです♪

旅行のお土産にも最適な各国のお漬物◎

これらのお漬物は海外旅行に行けば必ず一度は食する機会があるので、気付いたらハマっちゃった!なんてことも。小分けタイプや瓶詰めのものなどをスーパーで購入することができるので、自分や家族へのお土産にオススメです♪

海外の脂っこい食事の後には、後味をスッキリさせるお漬物がすごく重宝します。和食に添えられるしば漬けやたくあんのように、その土地の食事にぴったりと合うお漬物。普段は脇役であるお漬物ですが、日本にはなじみの無いビーツやケッパーなど、注目してみると美味しくて癖になる主役級のものがたくさんありますよ♪

※情報は記事公開日時点のものになります。
Yokito
Yokito
大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も"人生は旅である"と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。