オランダのマーストリヒトにある“世界で一番美しい本屋”ドミニカーネンってどんなところ?

イギリスの有力紙・ガーディアンによって「世界でい一番美しい本屋」に選ばれたオランダの本屋さん「ドミニカーネン」をご存じですか?本屋が美しいってどういうこと?旅先で本屋なんて行っても言葉わからないし!と思う方もいるかもしれません。
でも大丈夫。言葉がわからなくても充分その魅力に触れることができるドミニカーネンとドミニカーネンのある町、マーストリヒトについてご紹介します。

ドミニカーネンのある町マーストリヒトとは?

マーストリヒトの町

マーストリヒトはオランダ南部、ベルギーの国境近くに位置する町です。オランダの首都アムステルダムから列車で約2時間半、ベルギーのリエージュからは列車で約30分、ドイツのアーヘンからは列車で約1時間でアクセスできます。
マース川沿いに発展したオランダ最古の町として知られていて、紀元前400年頃にはすでに存在していたという記録があります。
また、1992年にEUの創設を定めたマーストリヒト条約が調印された町としても有名で、いわばEUが誕生した町ともいえます。このマーストリヒト条約では、今では当たり前になった単一通貨ユーロの導入も規定されています。

ドミニカーネンはなぜ美しい?

ドミニカーネン

ドミニカーネンの正式名称は「Boekhandel Dominicanen(ブックハンデル ドミニカーネン)」といいます。扱っている本はオランダ語メインですが、一部英語など外国語の本の扱いもあるそうです。CDやDVDの取り扱いもあり、約5万冊の書籍数を誇ります。

ドミニカーネン

今から700年以上前に建てられた教会の建物をリノベーションして2006年に再オープンしたドミニカーネンは、教会特有の高い吹き抜けを生かした3階建手の構造で、黒いメタリックなデザインがとてもモダンです。壁いっぱいに本棚が並んでいるビジュアルは本好きならずともときめく光景ではないでしょうか?歴史ある建物でありながら、ディスプレイは非常に現代的なのがまた素敵。
歴史ある重厚な美しさだけではない独特な雰囲気を醸し出しています。

ドミニカーネンのカフェ

またカフェもあり、教会の端の丸みを帯びた空間を生かしたスペースになっていて、中央のカウンター席のテーブルが十字架の形なんです。ここでコーヒーでも飲みながらじっくり雰囲気を味わうことができます。

■ドミニカーネン(Boekhandel Dominicanen)
住所
Dominicanerkerkstraat 1, 6211 CZ Maastricht
営業時間
月曜日/10:00~18:00
火~土曜日/9:00~18:00(木曜日は21:00まで)
日曜日/12:00~18:00
定休日
一部祝日
電話番号
+31 43 410 0010

マーストリヒトは他にも観光スポットがいっぱい!

聖セルファース橋

私たちもよく知っているウサギのキャラクター「ミッフィー」は実はオランダ生まれ!公式店舗がオランダに2店舗あり、そのうちのひとつがマーストリヒトにあるんです。小さなお店ですが、ミッフィー好きにはたまりません。オランダではミッフィーのことを「Nijntje(ナインチェ)」と呼びます。
また、マーストリヒトにはオランダ最古と言われている橋「聖セルファース橋」があります。13世紀に造られた石橋で、連なるアーチがとても美しいです。現在も使われており渡れるので、マース川を橋の上からぼーっと見るのもいいかもしれません。もちろん橋をバックに写真を撮ってみてもいいですね。
橋は、マーストリヒト駅から旧市街に向かう道の途中にあるので気軽に立ち寄れます。

■ミッフィー公式店舗(De Winkel van Nijntje)
住所
Kesselskade 51, 6211 EN Maastricht
営業時間
月曜日/12:00~18:00
火~金曜日/0:00~18:00(木曜日は20:00まで)
土曜日/10:00~17:00
日曜日/12:00~17:00
定休日
電話番号
+31 43 326 0326
HP
https://www.dewinkelvannijntje.nl/de-winkels-van-nijntje
■聖セルファース橋
住所
Sint Servaasbrug, 6211 Maastricht

世界一美しい本屋はいかがでしたか?とっても素敵ですね。
マーストリヒトは大きい町ではないので歩いてまわることができます。高層ビルもなく、川沿いに昔ながらの建物が並んでいるので、どこを切り取っても写真映えします。ドミニカーネンはもちろん、見どころいっぱいのマーストリヒトで、充実した一日を過ごしてみてはいかがですか?

※情報は記事公開日時点のものになります。