ウユニ塩湖に来たら絶対泊まりたい!すべてが塩で出来たホテル「クリスタル・サマーニャ」

クリスタル・サマーニャの看板
撮影:南まい

南米ボリビアに広がる塩の砂漠ウユニ塩湖。せっかく訪れたなら、ぜひ泊まってみたいのが「塩のホテル」!幻想的な絶景スポットとしてこの数年でたくさんの観光客が世界中から訪れるようになったウユニでは急いでホテル等の整備が進められてきました。塩湖のそばには3つの塩のホテルが登場し、そのどれもが塩湖ならではの体験ができる話題のホテルとして人気です。今回はその中でもウユニ塩湖の入り口に1番近いホテル「クリスタル・サマーニャ」をご紹介します!

「塩のホテル」ってどういうホテル?

塩で作られたクマ
撮影:南まい

2017年に改装、拡張リニューアルされ、よりパワーアップしたクリスタル・サマーニャは、塩湖から徒歩5分という好立地です。2階建てのホテルは内装のすべてが塩で出来ていて、塩で作られたクマやサンタクロース、雪だるまのオブジェなどがゲストをお出迎えしてくれます。

階段もバーカウンターも塩で出来てる!

塩のテーブル
撮影:南まい

フロントのすぐ横の階段(これも塩で作られているんですよ!)から2階に上がると、広々とした日当たりの良いフリースペース。この奥にはレストランがあって、夕食や朝食バイキングを提供してくれます。夜にはここから星空を眺めることもできますが、すぐ外には塩湖が広がっているので、屋外に出て星空観賞をするのもおすすめです。

塩のバーカウンター
撮影:南まい

共有スペースには、オシャレな塩のバーやくつろげるソファー、プレイルームにはテーブルサッカーゲームなどが設置されていて、ホテル内でも楽しめるようになっています。塩で作られた可愛いインテリアを見て回るだけでも飽きませんよ。

もちろん客室も全部塩!

塩の客室
撮影:南まい

お部屋の中は、ベッドもテーブルも壁の絵もすべて塩!もちろんベッドにはマットレスが敷かれているので寝心地は問題ありません。標高3,700mのウユニ塩湖は朝晩かなり冷え込みますが、室内は暖房設備が整っているので暖かく、シャワーもしっかり熱いお湯が出るので想像以上に快適に過ごせます。

何より立地とスタッフの笑顔が最高なホテル

鏡張りのウユニ塩湖
撮影:南まい

ウユニ塩湖での滞在は、早朝に朝日を見に行き昼間は観光、夕方には夕日観賞をして真夜中は星空を見に出かけたりと、ホテルと塩湖との往復が多くなります。塩湖のすぐそばで、すぐに出かけられるクリスタル・サマーニャは、とても利便性が良く、スタッフもみんなフレンドリーで笑顔でおもてなししてくれます。

ウユニ塩湖に来たなら、絶対に塩のホテルは外せません!塩の中で眠るという他では出来ないスペシャルな体験を、ぜひ味わってみてくださいね♪

※情報は記事公開日時点のものになります。
南まい
510日間100ヶ所以上の世界遺産を周って世界一周しました! 女ひとり旅本「独女世界放浪記」(ポプラ社)を出版後、 NHK BS1「エルムンド」海外レポーターとして約70日間の世界二周目も達成! 現在は添乗員として月の半分以上を海外で過ごしています。訪問国数80カ国以上。