これであなたも京都通♪東山の名刹「永観堂」の四季折々の魅力に迫る!

紅葉の名所としてよく知られる京都府の永観堂は、正式には禅林寺といい、浄土宗西山禅林寺派の総本山です。永観堂には2つの国宝と数多くの重要文化財がありますが、なかでも本尊の阿弥陀如来立像は首を左に向けている姿から「みかえり阿弥陀」と呼ばれる、全国的にも貴重な仏像なんですよ。今回はそんな永観堂の四季折々の魅力をご紹介します。

ライトアップは必見!紅葉を満喫しよう♪

永観堂の紅葉

永観堂の紅葉は古くから親しまれており、平安時代の和歌集にも登場しています。燃えるような赤色の紅葉に彩られた院内はまさしく絶景で、毎年秋になると多くの観光客が訪れます。おすすめの観賞スポットは院の奥にそびえる多宝塔。永観堂の庭園だけでなく、京都市内まで一望できるんです。さらに夜のライトアップも見逃せません。暗闇の中に浮かび上がる紅葉や池に映り込む景色は趣たっぷりで、写真映えもばっちりですよ。

また例年紅葉の見ごろに合わせて、所蔵の文化財を公開する寺宝展が開催されます。重要文化財や国宝の数々を間近に見られる貴重な機会ですので、こちらも併せてぜひ訪れてみてくださいね。

初夏でも紅葉に出会える!?永観堂の野村楓

永観堂の新緑

初夏には青々とした新緑も楽しめる永観堂。じつはこの時期、院内で紅葉に出会えることをご存じですか?初夏なのに紅葉なんてありえない!と思われるかもしれませんが、その正体は野村楓(ノムラカエデ)という特別な種類の楓なんです。

初夏に一度葉が赤くなり、真夏には緑色に、秋には再び紅葉するという不思議な特徴を持つ野村楓。庭園のところどころにあり緑と紅葉の美しいコントラストを見せてくれます。見ごろは5月半ばから6月で観光客が比較的少ない時期ですので、珍しい初夏の紅葉をゆっくり堪能できますよ。青もみじだけでも美しいのに、そのうえ紅葉まで見られるなんてとっても贅沢ですよね。

紅葉だけじゃない!春は桜、冬は雪景色を楽しもう♪

哲学の道の桜

京都で秋の紅葉と並んで人気が高いのが、春の桜です。永観堂も春になると桜に彩られ、一気に華やかなピンク色に包まれます。拝観後は、哲学の道に繰り出して疏水沿いをぶらぶらと歩くのがおすすめのコース。ちょっと足を延ばして法然院や銀閣寺まで行ってみては?

また、冬は何と言っても雪景色が魅力的です。真っ白な雪に包まれた院内は風情があり、歩くだけで心が落ち着いてきます。放生池周辺は特におすすめで、撮影するならぴったりのスポットですよ。

京都は春の桜と秋の紅葉が特に有名ですが、四季を通じて楽しめる観光地です。ぜひ京都旅行のアクセントに永観堂を訪れてみてはいかがでしょうか。

■永観堂
住所
京都府京都市左京区永観堂町48
拝観時間
9:00~17:00(16:00で受付終了)
拝観料
一般/600円、小・中・高校生/400円
電話番号
075-761-0007
※情報は記事公開日時点のものになります。