新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設や店舗は営業時間変更または臨時休業となっている場合があります。事前にイベント主催者や各施設の公式ウェブサイト等でご確認ください。

美人度スーパーモデル並み!? 世界85カ国を周ってきた私がおすすめする世界一美女の多い国はここ!

モルドバ共和国
モルドバ共和国
photo by 南まい

こんにちは。南まいです。世界85カ国を周ってきた私。世界で美女の多い国と言ったら、コロンビアやウクライナなどが知られていますよね。
しかし、私が実際に目で見て“世界一美女の多い国”と感じたのは、東ヨーロッパの「モルドバ共和国」です! あまり認知度は高くありませんが、歩けば美女のオンパレードという素晴らしい国なんですよ!

モルドバ共和国とは?

モルドバ共和国
モルドバ共和国
photo by 南まい

モルドバ共和国はルーマニアとウクライナに囲まれた内陸国で、かつてはソビエト社会主義共和国連邦を構成していた国家のひとつです。ひとりあたりのGDPが世界水準の2割にしか満たず、ヨーロッパの最貧国とも言われています(2017年5月11日現在)

美女率で言うと?

モルドバ共和国
モルドバ共和国
photo by 南まい

モルドバ共和国の女性は、肌の色が透き通るように白くて目がブルー、そして手足がとにかく長いのです! 美女率で言うと、6割がスーパーモデル並み、3割が美人、残りの1割が普通と言えるくらい、ミスユニバースを集めたような国なのです。

どこもかしこも美女ばかり!

モルドバ共和国
モルドバ共和国
photo by 南まい

街を歩けば市場の物売りも、魚屋さんのゴム長靴を履く女性も、八百屋さんもみんな美女。マクドナルドの店員さんも、お客さんもみんな美女なのです。

ちなみに、モルドバ共和国はヨーロッパとロシアの文化が混じり合うきれいな街並みでありながら、物価は東南アジア並みに安く、ロシア風のピロシキやアイスなどが30円くらいで買えてしまうほどなんですよ。

キャベツをかぶっていても美女!

モルドバ共和国
モルドバ共和国
photo by 南まい

市場の八百屋では、美女がキャベツをかぶっています(笑)。気温が高い夏は、外で作業していると熱中症にもかかりやすいので冷却効果を狙ってのことなのですが、これほどの美女が恥ずかしげもなくキャベツを頭に乗せているなんて…さすがモルドバ共和国!

モルドバ共和国の女性は?

モルドバ共和国
モルドバ共和国
photo by 南まい

モルドバ共和国は、ルーマニアのラテン民族の血を受け継ぐロシア系スラブ人が全体の約90%を占めています。男尊女卑の風習が残っているため、女性は男性を立て自分のキャリアよりも家庭を第一に考える女性が多いと言われています。

モルドバ共和国

しっかりと家を守り、家族につくす美女がいるモルドバ共和国! 美女との出会いを求めて、今すぐモルドバへ旅立ってみてはいかがですか?

この記事は2017年5月11日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。

510日間100ヶ所以上の世界遺産を周って世界一周しました! 女ひとり旅本「独女世界放浪記」(ポプラ社)を出版後、 NHK BS1「エルムンド」海外レポーターとして約70日間の世界二周目も達成! 現在は添乗員として月の半分以上を海外で過ごしています。訪問国数80カ国以上。