新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設や店舗は営業時間変更または臨時休業となっている場合があります。事前にイベント主催者や各施設の公式ウェブサイト等でご確認ください。

大友花恋と横田真悠が「冬の味覚の王様・カニ」漁が解禁になる北陸・富山にカニ尽くしの旅へ

北陸、富山へ。左から大友花恋、横田真悠 ©TBS

北陸、富山へ。左から大友花恋、横田真悠 ©TBS

13歳で女優デビューし、人気ファッション誌「セブンティーン」のモデル、さらにTBS「王様のブランチ」にレギュラー出演する大友花恋と、同じくセブンティーンの人気モデルで「ティーンのカリスマ」として同世代から絶大なる人気を誇る横田真悠の19歳二人組。
NHK朝ドラ「半分、青い。」で主演を務めた永野芽郁と三人揃って「かれまゆめい」と呼ばれ、普段は三人一組の大の仲良しの二人が10月31日放送の「タビフク+VR」(BS-TBS|毎週水曜日23時00分~)にて、11月6日にいよいよ「冬の味覚の王様・カニ」漁が解禁になる北陸、富山を旅します。

富山では9月6日に紅ズワイガニ漁がまず解禁。続いて冬の訪れを感じさせる本ズワイガニ漁が11月6日に解禁します。このカニを求めて北陸を訪れるグルメは多く、獲れたて茹でたてを食べればここを訪れた意味が分かります!

新湊漁港。左から横田真悠、大友花恋 ©TBS

新湊漁港。左から横田真悠、大友花恋 ©TBS

二人がまず訪れたのは、新鮮なカニが揚がる「新湊漁港」。ここでは獲れたてのカニをすぐに食べてもらうために全国でも珍しい昼セリが行われています。
床一面に並べられた紅ズワイガニに二人は圧倒!そして新湊漁港に隣接した、富山弁で「新鮮な」という意味の「きっときと市場」で競り落とされたばかりのカニの茹でたてをいただきます。

高岡市の「能作」。左から横田真悠、大友花恋 ©TBS

高岡市の「能作」。左から横田真悠、大友花恋 ©TBS

続いて、訪れたのは高岡市の「能作」。全国の仏像や鐘の9割を生産するというこの高岡。高岡銅器の歴史は1611年に遡ります。「能作」では生型鋳造法という、砂を押し固めた鋳型で成型する伝統の製法で鋳物を作っていて、二人もこの伝統の製法でぐい飲みを製作体験。錫の器で飲むと味がまろやかになるというが、そのお味は?

やまふじ葡萄園。左から横田真悠、大友花恋 ©TBS

やまふじ葡萄園。左から横田真悠、大友花恋 ©TBS

さらに、ここ富山で91年ぶどう農園を運営する「やまふじ葡萄園」へ。富山ではどこに行っても売られているやまふじのワインは、県外には出していないので富山でないと飲めないワイン。
秋になるとブドウ狩りや、ブドウの木の下でBBQを楽しむこともできます。ブドウ狩り初体験の二人はブドウの食べ方などもレクチャーされて…。

リバーリトリート雅樂倶。左から横田真悠、大友花恋 ©TBS

リバーリトリート雅樂倶。左から横田真悠、大友花恋 ©TBS

今回、二人が宿泊したのはリバーリトリート雅樂倶。神通峡の風景を目の前にゆったりと落ち着いた時間を過ごすことの出来る川のほとりのリトリート(隠れ家)。300点もの美術品が館内には置かれており、館内を歩くだけでも癒されます。川のせせらぎを聴きながらの温泉も素敵な時間。

リバーリトリート雅樂倶。左から大友花恋、横田真悠 ©TBS

リバーリトリート雅樂倶。左から大友花恋、横田真悠 ©TBS

この日のディナーもカニのコース。カニ三昧ですが、ここの料理はまた一味も二味も違います。カニのジュレの前菜に始まり、カニのお寿司、カニをそのままお酒で茹でたり、〆はカニの炊き込みご飯。料理長の技に19歳の二人も感服!カニ尽くしの富山に酔いしれます。
放送は今夜10月31日の23時00分から。見逃さないようチェックしよう♪

番組が訪れる様々なシーンで画面に現れるQRコードをスマホで読み込むと360度VR動画でその場所に実際に行ったかのようなバーチャル体験が。
さらに首都圏のJTBトラベルゲート各店にはタビフクの360°バーチャル・リアリティの世界を体験、体感できるスペースが設置されています!

タビフク+VR
タビフク。ロゴ
BS-TBS|毎週水曜日23時00分~
おしゃれ女子必見!! 旅(タビ)×ファッション(フク)+360°=『タビフク+VR』。プライベートでも本当に仲の良いファッショナブルな女性タレント、モデル、歌手、女優など、20代女子たちが憧れる女性ゲスト二人が、人気急上昇中の国内を中心としたさまざまな旅先を訪れます。

※情報は記事公開日時点のものになります。