船でしか行けない!? 富山の秘境温泉宿「大牧温泉観光旅館」

富山県にある「大牧温泉観光旅館」は、庄川峡の切り立つ崖に張り付くようにして建つ秘境の旅館です。このあたりにはかつて村落が広がっていましたが、1930年ダムの完成とともに沈み、現在ではこの旅館だけが残っています。

アクセスは遊覧船だけ!? 秘境の宿「大牧温泉観光旅館」

庄川峡遊覧船
庄川峡遊覧船

“秘境の一軒宿”と呼ばれる大牧温泉観光旅館。秘境と呼ばれる最大の理由は、他にはないアクセスの特異さです。切り立つ崖にあり周囲をダム湖に囲まれているので、小牧ダムの上流にある小牧港から庄川峡遊覧船に乗って大牧港へ向かう以外の交通手段がありません。

季節ごとの美しさを楽しめる「庄川峡遊覧船」

紅葉の庄川峡をいく遊覧船
紅葉の庄川峡をいく遊覧船

大牧温泉観光旅館へ向かう船上からの景色も魅力のひとつです。小牧港から大牧港までの約30分で、春には桜、夏には鮮やかな緑、秋には紅葉、冬には雪景色が楽しめますよ。このほか長崎橋で折り返すショートクルーズもありますよ。

◎庄川峡遊覧船 大牧温泉コース(往復遊覧)
<通常ダイヤ (4月1日~11月30日)>8:30、10:30、14:30、16:00
<冬ダイヤ (12月1日~1月31日)>9:00、11:30、15:20
<春ダイヤ (2月1日~3月31日)>9:00、11:30、14:30、16:00
<運賃>大人(中学生以上)/2,800円、子供/1,400円
※小牧港発の時間です

◎庄川峡遊覧船 長崎橋周遊コース(短時間遊覧)
<通常ダイヤ (4月1日~11月30日)>9:50、13:20
<冬ダイヤ (12月1日~1月31日)>10:20、14:20
<春ダイヤ (2月1日~3月31日)>10:20、13:50
<運賃>大人(中学生以上)/1,000円、子供/500円
※小牧港発の時間です
※予約制です

庄川峡遊覧船
住所
富山県砺波市庄川町小牧73-5(小牧港)
電話番号
0763-82-0220

大牧温泉観光旅館の見どころ

雪景色の大牧温泉観光旅館
雪景色の大牧温泉観光旅館

大牧温泉は約800年前に逃げ延びた平家の武将が見つけたと言われている、歴史ある温泉です。
大牧温泉観光旅館の館内も昔ながらの風情が残り、ロビーには炭火がともる囲炉裏があるなど、趣があります。露天風呂からの景色も見事で、時折カモシカやタヌキが現れるのだとか。

大牧温泉観光旅館へのアクセスは?

大牧温泉観光旅館
大牧温泉観光旅館

大牧温泉観光旅館への遊覧船が出ている小牧港までは、北陸新幹線 新高岡駅からバスの利用が便利です。加越能バスの小牧堰堤行きに乗り、終点まで乗車してください。新高岡駅からは約約1時間20分です。 車で行く場合は、砺波I.C.から約10kmです。
小牧港からは、遊覧船で向かってくださいね。

大牧温泉観光旅館
住所
富山県南砺市利賀村大牧44
電話番号
0763-82-0363

喧騒を離れて静かな時間を満喫できる、大牧温泉観光旅館。周囲には温泉街や徒歩で行ける観光スポットもないので、何もしない贅沢を味わえますよ。

この記事は2018年10月4日に公開されたものを編集したものです。

 

※情報は記事公開日時点のものになります。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設の営業時間変更または臨時休業となる場合がございます。事前にイベント主催者や各施設のウェブサイト等でご確認ください。