新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設や店舗は営業時間変更または臨時休業となっている場合があります。事前にイベント主催者や各施設の公式ウェブサイト等でご確認ください。

まるで異世界!? 関東近郊の遺跡のような場所で非日常を味わおう!

CMやPVなどの撮影によく利用される関東近郊の“遺跡のような場所”を3カ所ご紹介します。まるで映画の世界に迷い込んでしまったかのような、幻想的な場所に足を運び、非日常的な気分を体験してみてください。

【栃木県】結婚式も挙げられる地下空間「大谷資料館」

大谷資料館
大谷資料館

大谷石の採掘跡を見学できる「大谷資料館」は、野球場がまるまる入ってしまうほどの広さです。無機質な石に囲まれたこの場所は、まるで不思議な世界を探検しているような気分を味わえます。CMやPVの撮影にもよく使われている雰囲気たっぷりの地下空間です。
非公開エリアは教会になっていて、キャンドルの灯りがともる幻想的な空間の中で結婚式が執り行われます。

大谷資料館
住所
栃木県宇都宮市大谷町909
開館時間
4~11月/9:00〜17:00 (最終入館16:30まで)、12~3月/9:30〜16:30 (最終入館16:00まで)
休館日
12~3月/毎週火曜日(火曜日が祭日の場合翌日休館)、12月26日~1月1日、その他臨時休業あり
料金
大人(高校生以上)/800円、子供(小・中学生)/400円、未就学児童/無料
電話番号
028-652-1232
HP
http://www.oya909.co.jp/

【埼玉県】地下神殿のような調圧水槽「首都圏外郭放水路」

首都圏外郭放水路
首都圏外郭放水路

この近辺の洪水を防止するために作られている「首都圏外郭放水路」は、この施設の役割への理解を深めることができるミュージアムの「龍Q館」と、別名“地下神殿”とも呼ばれている調圧水槽やポンプなど、3コースに分けて見学できます。
ひんやりと涼しい地下神殿は500tもの重さの柱が59本あり、その景観は圧巻です。まさに地下神殿に入り込んだかのような気分が体験できると同時に、洪水被害から守る首都圏外郭放水路の偉大さを実感できます。見学会は毎日開催されており、公式HPから予約できます。

首都圏外郭放水路
住所
埼玉県春日部市上金崎720
開催日
毎日開催(ただし、施設点検日等により休止の場合あり)
開館時間
10:00~16:00(見学会の最終終了時間は17:00)
迫力満点! 立坑体験コース
所要時間/約110分、参加料金/3,000円
深部を探る! ポンプ堪能コース
所要時間/約100分、参加料金/2,500円
気軽に参加できる! 地下神殿コース
所要時間/約60分、参加料金/1,000円
電話番号
048-747-0281
HP
https://www.ktr.mlit.go.jp/edogawa/gaikaku/index.html

【群馬県】森にたたずむ石切り場跡「藪塚石切場」

藪塚石切場
藪塚石切場

藪塚温泉から近い場所にたたずむ「藪塚石切場」は、終戦直後まで藪塚石と呼ばれる石材を手斧のみを使い、切り出していた場所です。時代の流れとともに、使われなくなったこの場所は、山に囲まれた神秘的な空間を味わえる石切り場跡です。石切場まではハイキングコースとなっているので、散策しながら石切場までの道のりを楽しみましょう。

藪塚石切場

どの場所も東京から日帰りで行けるので、週末のお出かけ先や、プチ旅行の目的地のひとつとして行ってみてはいかがでしょうか。

この記事は2017年3月5日に公開されたものを編集したものです。

 

※情報は記事公開日時点のものになります。