新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設や店舗は営業時間変更または臨時休業となっている場合があります。事前にイベント主催者や各施設の公式ウェブサイト等でご確認ください。

あまりの青さに吸い込まれそう!! 幻想的なメキシコ「グランセノーテ」に行ってみよう。

グランセノーテ
グランセノーテ

地面が陥没した穴に地下水が溜まったという天然の井戸「セノーテ(Cenote)」。大きさは井戸サイズのものから湖と呼んだほうがしっくりくるぐらい大きなものまでさまざまです。マヤ時代、人々はセノーテのことを“聖なる泉”として崇め、雨の神が住む異世界と信じていました。メキシコには、セノーテは何カ所もありますが特におすすめなのがカンクンから行ける「グランセノーテ(Gran Cenote)」です。

グランセノーテの魅力とは?

グランセノーテ
グランセノーテ

「グランセノーテ(Gran Cenote)」の最大の魅力は、色鮮やかな青。あまりの青さに吸い込まれそうな感覚に陥るかもしれません。100メートル以上先まで見通せるという透き通った水を見ていると、この世のものとは、にわかには信じがたい幻想的な世界が広がります。

ダイバー憧れのダイビングスポット

グランセノーテ
グランセノーテ
photo by Bernard DUPONT

グランセノーテは、セノーテとしてはかなり大型で、脇にある鍾乳洞の中まで広がっています。シュノーケリングはもちろんダイビングができるくらいの深さがあり、透明度の高い水に太陽の光が降り注ぎます。地上から見るのとはまた別の感動があり水中に太陽光が差すことで現れるオーロラのような「光のカーテン」が見られます。ライセンスを持っているなら、ぜひダイビングにチャレンジしてみてくださいね。

グランセノーテへのアクセス

グランセノーテ
グランセノーテ
photo by Mikko Koponen

グランセノーテ観光の拠点となる都市は“カンクン”で、中心地から車で1時間30分〜2時間の距離です。近隣の遺跡とあわせてまわる日帰りツアーもあるので個人で行くのが不安な方にはおすすめです。個人で行くならカンクンからバスで約2時間のトゥルムまで行きそこからタクシーで約10分です。

光のカーテンを見るなら、人が少ない朝早い時間がおすすめです。シュノーケリング道具は現地でレンタルできるので手ぶらでもOKです。

グランセノーテ(Gran Cenote)
住所
Quintana Roo 109, 77796 Tulum, Q.R., Mexico
時間
08:00〜16:45
※ウェブページなどでご確認のうえ、お出かけください。

カンクンといえば、ホテル沿いのカンクンビーチが有名ですが、少し足を延ばして内陸にあるグランセノーテにも、ぜひ行ってみてくださいね。

この記事は2018年11月1日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。