長い付き合いになるものだから…パスポート用の写真を綺麗に撮るコツ、お教えします!!

一般旅券発給申請書(イメージ)
一般旅券発給申請書(イメージ)

パスポートは一度作ると、5年または10年と持ち続けるもの。写りが悪い写真だと、なんだかテンションが低くなってしまいますよね (T_T)
そこでこの記事では、パスポート用の写真を綺麗に撮るコツをお教えします。パスポートの他にも運転免許証用の写真にも使えますよ。

撮影前のひと工夫!?

パスポート写真(イメージ)
パスポート写真(イメージ)

耳は出した方がいい。

小顔効果を狙って、髪で耳を隠してしまっていませんか? 一見小顔に見えそうですが印象を暗くしてしまい、後悔する写真になってしまいます。横髪は耳にかけている方が見た目もスッキリして清潔感があり、明るい印象の写真になります。また髪型をアップにするのも同様の効果があります。

首周り・デコルテは見せる。

首周りの印象も大切です。首周りを出すと細く見える傾向にあり小顔効果にもなります。ハイネックなどの衣類はNGです。おすすめはV字ネックやU字ネックのタイプで、女性らしさはもちろん全体がスッキリ見えて好感度の高い写真に。濃い色のジャケットを羽織ることで、さらなる細見せ効果も得られます。

気をつけて。これは避けて!!

メイクする女性(イメージ)
メイクする女性(イメージ)

気合入れまくりのバッチリメイク

ついつい写りが良くなるように濃いメイクをしてしまう人がいますが、濃いメイクはおすすめできません。メイクはハッキリ写るため、のちのち「あれれ……?」と、思う写真になってしまいます。特に口紅やチークの色を濃いものにしてしまうと目立ち過ぎるので、あくまで通常通りのメイクを心がけましょう。飛行機はスッピンで過ごすこともありますよね。入国審査の時に“Is that really you?(これ本当にあなた?)”と聞かれるのもイヤですよね……。

オシャレ第一!? ハデハデな服

パスポートは顔写真だし、服装は関係ないでしょ?? と思っているアナタ。パスポートの写真は、意外に胸元まで写ります。派手な色・柄の服装は避けてさらに、胸元を強調した服装も控えましょう。ナチュラルな色合いかつ、清潔感のある服装にすることで、明るい印象の写真になります。ビジネスシーンでも使う可能性があるパスポート、好感度を意識しましょう。

おすすめ裏ワザはこれ

パスポート(イメージ)
パスポート(イメージ)

デカ目効果を狙うなら……

デカ目効果を狙いたいアナタは、撮影する直前にギュッと目をつむってから直前にパッと開けるのがおすすめです。デカ目効果はもちろん、黒目の大きい明るい印象の写真になります。

軽く顎を引くのも忘れずに!

最後のポイントは、軽く顎を引いておくこと。緊張すると顎が上がりがちですが、撮影時に軽く引くことで、スッキリとした小顔効果が得られます。しかし引きすぎるとカメラを睨みつけているように見えるので、“軽く”を意識してくださいね。

長いお付き合いになるパスポート。ぜひ、ご紹介した“コツ”を試してお気に入りの写真でパスポートを作ってくださいね。

この記事は2016年12月15日に公開されたものを再編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設の営業時間変更または臨時休業となる場合がございます。事前にイベント主催者や各施設のウェブサイト等でご確認ください。