美味しい海の幸と妖怪の世界を楽しもう!! さかなと鬼太郎のまち・鳥取県境港市

鳥取県境港市は、“さかなと鬼太郎のまち”。日本海の海の幸と、境港市出身の漫画家・水木しげる氏の鬼太郎の世界が楽しめるところです。それでは、境港市の人気観光スポットをご案内します!!

その場で海の幸が味わえる「境港さかなセンター」

境港さかなセンター
境港さかなセンター
撮影:dip / BUD International

「境港さかなセンター」は、西日本最大級の海産物専門直売所です。ゆでガニや岩ガキなどを購入し、センター内の休憩スペースで味わったり、隣接する「美なと亭」に購入した魚介を持ち込み、刺身、焼き物、煮物など好みの調理法で味わえます。

境港さかなセンター
住所
鳥取県境港市竹内団地259-2
営業時間
08:30~17:00
定休日
水曜日(祝祭日は営業)
電話番号
0859-45-1111

ランドマーク「SANKO夢みなとタワー」からの眺めは抜群

SANKO夢みなとタワー
SANKO夢みなとタワー

境港さかなセンターの隣りには、高さ約43mを誇る境港のランドマークタワー「SANKO夢みなとタワー」があります。その展望室からは、日本海を臨む360度の大パノラマが楽しめ、国立公園大山をはじめ美保湾から島根半島、境水道大橋、弓ヶ浜、中海、米子市街、皆生温泉まで一望できます。
またSANKO夢みなとタワーには、喫茶店やお土産が買える「みなとまち商店街」もあります。

SANKO夢みなとタワー
住所
鳥取県境港市竹内団地255-3
営業時間
展望室・展示室
4月~9月/09:00~18:00 10月~3月/09:00~17:00
定休日
展望室・展示室
第2水曜日(祝日の場合は翌日)
電話番号
0859-47-3800

177体の妖怪がお出迎え!?「水木しげるロード」

境港のオブジェ
境港のオブジェ

「ゲゲゲの鬼太郎」でおなじみの漫画家・水木しげる氏は境港市の出身です。JR境港駅前の通りには、177体の妖怪たちのブロンズ像が立ち並ぶ「水木しげるロード」があります。この道は、水木しげる記念館まで約800m続く妖怪の道で全国各地の妖怪や、“鬼太郎の家”や“ねこ娘”、“一反木綿”、“砂かけ婆”といった漫画でおなじみの妖怪たちのブロンズ像が見られます。

水木しげるロード
住所
鳥取県境港市本町5番地(本町アーケード通り)

水木しげる氏の世界を体感「水木しげる記念館」

水木しげる記念館
水木しげる記念館
photo by Cheng-en Cheng

「水木しげる記念館」は、漫画家であると同時に冒険家でもある水木しげる氏の世界をまるごと体感できる記念館です。漫画作品だけでなく「水木語録ギャラリー」や、朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の空間を再現した「ゲゲゲの食卓」も必見です。

水木しげる記念館
住所
鳥取県境港市本町5番地
営業時間
09:30~18:00
※受付は閉館30分前まで
※開館時間延長日あり
休館日
なし
電話番号
0859-42-2171
料金
一般/700円、中高生/500円、小学生/300円
障がいのある方、 その介護者お一人様/300円

いかがでしたか? 境港市で、“さかなと鬼太郎のまち”を存分に楽しんでくださいね。

この記事は2017年6月23日に公開されたものを再編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設の営業時間変更または臨時休業となる場合がございます。事前にイベント主催者や各施設のウェブサイト等でご確認ください。