長野県の菅平高原でアクティブに過ごそう!夏はトレッキング、冬はスキー!

菅平高原は根子岳、四阿山(あずまやさん)の麓、標高1300メートルのあたりに広がる高原。夏でも冷涼な気候のため、古くからラグビーやサッカーなどのスポーツの合宿地として親しまれています。夏は高山植物と出会えるトレッキング、冬はスキー、スノーボードなどのウィンタースポーツを楽しめるスポットで、一年中活気があるのが魅力。今回はそんな菅平高原をご紹介します!

この記事のもくじ

  1. 見渡す限りに草原が広がる「ダボスの丘」
  2. 「菅平高原スノーリゾート」でスキーを
  3. 夏は「根子岳・四阿山トレッキングコース」で山登り
  4. 美肌効果の天然温泉!「菅平高原温泉ホテル」
  5. 都心からのアクセス

まるでスイス?見渡す限りに草原が広がる!「ダボスの丘」

菅平高原

美しい天然芝のなだらかな丘陵が広がる菅平高原。一年を通して豊かな自然を感じることができ、その景色や気候がスイスのダボスのようであることから「日本のダボス」と呼ばれています。草をはむ牛たちを眺めながらダボスの丘に寝転んで、空を眺めて過ごすのも素敵ですよ♪

ちなみに長野県上田市はスイスのダボスと姉妹都市提携、お互いの土地を1平方メートルずつ交換しており、その上には「ダボスの塔」をが建っています。

ダボスの丘
住所
長野県上田市菅平高原
電話番号
0268-74-2003(菅平高原観光協会)

スキーは「菅平高原スノーリゾート」で♪雪の状態は事前にライブカメラでチェック!

菅平高原スキー場

「菅平高原スノーリゾート」は、総敷地面積175ヘクタールの広大な面積を誇るビッグゲレンデ。ダボス、太郎、パインビークという3つのエリア内に60コースを有し、その中には、迫力満点の全長130メートルを超える巨大10連ウェーブが楽しめるコースや、トンネルの中やその上を滑れるコース、クロスレースができるコース、さらに子供のためのキッズパークまであるんですよ♪老若男女、レベルに合ったスキーを楽しむことができます。

スキーが得意でない方や滑り疲れた方には、雪上車スノーキャットでの根子岳ガイドツアーもおすすめ(1月初旬から3月末まで)。山頂付近まで行くと、あたり一面の樹氷富士山や北アルプスなどの絶景が広がっています。

各エリアを巡るなら、約17分で1周するシャトルバス(1周200円)が便利です。主要コースの雪の状態はHPのライブカメラでチェックできるので、事前にお目当てのコースの状態を確かめましょう!

菅平高原スノーリゾート
住所
長野県上田市菅平高原1223-146 株式会社ハーレスキーリゾート内
電話番号
0268-74-2137
リフト料金(1日券)
大人(18~54歳)/4500円
中高生・シニア(55~64歳)/3500円
小人・グランドシニア(小学生 ・65歳以上)/2800円
キッズ(4歳以上の未就学児)/1000円
3歳以下/無料
※12月15日~3月17日。パック券や2日券もあり。期間により料金は異なる。

夏は「根子岳・四阿山トレッキングコース」で山登りを楽しもう!

根子岳登山道 ハクサンイチゲ

「花の百名山」にもなっている標高2207メートルの「根子岳」と、「日本の百名山」に数えられる標高2354メートルの名峰「四阿山」。菅平高原から登れるトレッキングコースが整備されており、ゆっくり歩いて楽しむことができます。根子岳トレッキングコースはレンゲツツジが群生し、夏には登山道がお花畑に囲まれるおすすめのコース。四阿山山頂では、どちらを向いても遮るものの一切ない雄大なパノラマを存分に堪能できます。

疲れも吹き飛ぶ天然温泉!美肌効果も?「菅平高原温泉ホテル」

「菅平高原温泉ホテル」には地下1,770mから湧出した天然温泉の露天風呂「菅乃湯」があります。疲労回復から糖尿病、痛風、美肌にまで効果があるのだとか。宿泊客はもちろん、宿泊していない方も日帰り温泉が楽しめます。思い切り身体を動かしたら、露天風呂で疲れを癒しましょう♪

ただし利用は宿泊客優先となっており、ハイシーズンや団体貸切がある日は日帰り温泉が休業となる場合があるので要注意。
また、ホテルから菅平高原スノーリゾートに行く際は、表太郎ゲレンデまで運行している無料送迎バスの利用が便利です。

菅平高原温泉ホテル
住所
長野県上田市菅平高原1223-1969
電話番号
0268-74-2515

都心からのアクセスは?

上田菅平IC

菅平高原へ行くには、新幹線か高速自動車道の利用がおすすめ。東京から北陸新幹線上田駅よりバスに乗って約2時間20分。新宿から高速バスも出ています。車の場合は関東方面練馬I.Cから関越・上信越道へ進んで上田菅平I.C.で降り、国道144、406号線を経由して約2時間10分です。

写真確認済み。

※情報は記事公開日時点のものになります。