新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設の営業時間変更または臨時休業となる場合がございます。また、不要不急のご旅行やお出かけはお控えください。旅行やお出かけを楽しめるようになった際の参考になれればと、記事については引き続き掲載をしてまいります。

函館から飛行機で約30分!! 北海道の離島「奥尻島」のおすすめスポットをご紹介!

奥尻島は北海道最西端に位置する離島で、北海道では利尻島の次に大きな面積を持つ島です。山にはブナの原生林が広がり、自然豊かな景色を楽しめるのが魅力です。

奥尻島のシンボル「鍋釣岩(なべつるいわ)」

鍋釣岩
鍋釣岩
撮影:dip / BUD International

奥尻島の観光スポットとして有名なのが、島のシンボルとも言われる「鍋釣岩」です。奥尻島のフェリーターミナル奥尻港から徒歩約15分のところにある、高さ19.5mの奇岩で、鍋の取っ手のような形をしていることが名前の由来です。近くには展望台もあり、そこから眺めるのもおすすめです。夜はライトアップもしています。

日本海を望む絶景のローカル温泉「神威脇温泉保養所」

奥尻島では温泉も楽しめるのが魅力です。神威脇(かむいわき)漁港の近くにある「神威脇温泉保養所」では、日本海を望みながらゆっくり温泉に浸かれます。冷え症や皮膚病、疲労回復の効能があり、地元の方の憩いの場にもなっている温泉で、ローカル気分を楽しめます。

神威脇温泉保養所
住所
北海道奥尻郡奥尻町字湯浜98
営業時間
9:00~21:00
定休日
4月1日~10月31日/無休、11月1日~3月31日/第1・3火曜日、12月31日~1月2日 ※祝日の場合は翌日休み
料金
大人(中学生以上)/420円、小学生/160円、幼児/無料
電話番号
01397-31130
HP
神威脇温泉保養所

奥尻島のパノラマビュー「球島山(たましまやま)展望台」

球島山展望台
球島山展望台

奥尻島で絶景を楽しむのなら、「球島山展望台」がおすすめです。標高369.3mの小高い山ですが、車で行けます。駐車場から展望台へは約90段の階段がありますが、頂上からは奥尻島一望のパノラマビューを楽しめます。晴れていれば、対岸に北海道本島が見えます。
また、星空や、イカ漁の時期(真イカ/6~12月、ヤリイカ/1~5月)にはイカ釣り漁船の漁火など、夜も美しい景色が楽しめます。

球島山展望台

災害の記憶を後世に伝える「奥尻島津波館」

奥尻島津波館
奥尻島津波館

1993年に起きた“北海道南西沖地震”を記録し、後世に伝える「奥尻島津波館」。展示スペースは7つのテーマで構成されていて、災害の記録を上映する映像ホールのほか、奥尻島で発掘された遺跡の資料などが展示されています。日本海側において観測史上最大の地震被害から、復興を成し遂げた奥尻島の貴重な資料や記録が見られます。

奥尻島津波館
住所
北海道奥尻郡奥尻町青苗36
開館時期
4月15日~11月15日まで ※期間中は無休
入館時間
9:00~17:00
入館料
大人/500円、小・中・高生/170円
電話番号
01397-3-1811
HP
奥尻島津波館

奥尻島へは飛行機かフェリーでアクセス可能

奥尻島のフェリー
奥尻島のフェリー

奥尻島へのアクセスは飛行機とフェリーの2通りです。
飛行機を利用する場合は、函館空港から奥尻空港までの直行便が1日1便運航していて、所要時間は約30分です。
フェリーを利用する場合は、江差町から乗船します。所要時間は約2時間10分で、時期によりますが1日1~2便、運航しています。

奥尻島
奥尻島への飛行機(JAL)
HP
JAL
奥尻島へのフェリー(ハートランドフェリー)

飛行機を利用すれば函館から約30分なので、函館旅行の際に足を延ばして行きやすい奥尻島。美しい景色をのんびりと楽しめるのでおすすめです。

この記事は2018年6月5日に公開されたものを編集したものです。

 

※情報は記事公開日時点のものになります。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設の営業時間変更または臨時休業となる場合がございます。事前にイベント主催者や各施設のウェブサイト等でご確認ください。