岐阜県高山市の「古い町並」で食べ歩き!! 飛騨の美味しいグルメを堪能しよう

岐阜県高山市は、温泉や飛騨山脈などの豊かな自然、そして寺社や城下町の風情を残す町並みなど見どころたっぷりで、今では外国人観光客にも人気の日本を代表する観光地の一つです。その代表的な観光スポットが、JR高山駅から歩いて約10分のところにある「古い町並」。江戸時代の面影を残すエリアで、食べ歩きや散策を楽しめます。

高山の歴史ある「古い町並」

高山 古い町並
高山 古い町並

高山市の「古い町並」は城下町の趣を残す、歴史的な建物がたくさん残っているのが魅力です。城下町の中心地、商人町、下町を合わせて「古い町並」と呼ばれ、「三町伝統的建造物群保存地区」として保護されています。老舗ののれんや酒屋の杉玉が並ぶ様がフォトジェニックです。散策をしつつ、ぜひ楽しんで頂きたいのが食べ歩きです。

古い町並
住所
岐阜県高山市上一之町
電話番号
0577-32-3333

一番人気の「飛騨牛寿司」

飛騨牛寿司 三種盛り
飛騨牛寿司 三種盛り

最初にご紹介するのが、飛騨牛寿司です。古い町並では飛騨牛を使用したグルメが多くありますが、飛騨牛寿司は特に人気です。「飛騨 こって牛」では食べ歩きしやすいよう、あおさ入り手焼きせんべいをお皿代わりにしています。中でも、食べ比べできる三種盛りはおすすめです。

飛騨こって牛
住所
岐阜県高山市上三之町34
電話番号
0577-37-7733

飛騨牛を使用したコロッケやミンチカツもおすすめ

飛騨牛コロッケ
飛騨牛コロッケ

一個ずつ買って食べ歩けるコロッケやミンチカツも人気で、いくつかのお店で売られています。小腹が空いたタイミングで買い求めるのもいいかもしれません。
“日本一美味しいミンチカツの店”を看板にかかげる「助春(すけはる)」のミンチカツや、飛騨牛串も人気の「じゅげむ」の飛騨牛コロッケなどが人気です。

酒蔵めぐりで日本酒を楽しもう

高山の町並み
高山の町並み

高山市は豊かな自然環境に恵まれているため水や米の質が高く、江戸時代から地酒作りが盛んな土地です。古い町並にはいくつかの造り酒屋があり、酒蔵めぐりを楽しめますよ。
飛騨乃酒 山車(さんしゃ)の蔵元 原田酒造場では、日本酒はもちろん、日本酒を使ったスイーツも味わえます。200円でお猪口を買えば色々な日本酒を試飲できるので、お酒好きにおすすめです。

原田酒造場
住所
岐阜県高山市上三之町10
電話番号
0577-32-0120

毎年冬に開催の「飛騨高山・7蔵のん兵衛まつり」

酒蔵めぐり(イメージ)
酒蔵めぐり(イメージ)

高山では、毎年冬に酒蔵めぐりのイベント「飛騨高山・7蔵のん兵衛まつり」が開催されています。事前に一冊3,000円の「飛騨高山御酒飲帳」を購入したら、対象となっている7蔵の酒蔵で、2杯まで試飲を楽しめます。
参加している酒蔵は、平瀬酒造店(上一之町)、川尻酒造場(上二之町)、平田酒造場(上二之町)、二木酒造(上二之町)、舩坂酒造店(上三之町)、原田酒造場(上三之町)、老田酒造店(上三之町)です。

◎飛騨高山・7蔵のん兵衛まつり
<開催期間>2020年1月26日(日)~2月29日(土)

ローカル感を味わえるにぎやかな「宮川朝市」へ

宮川朝市
宮川朝市

早い時間から観光できるなら、ぜひ「宮川朝市」に行ってみましょう。宮川沿いでほぼ毎日開催されている朝市で、地元の方や観光客でにぎわっています。冬になると宮川周辺がライトアップされ、幻想的な雪景色を楽しめますよ。

宮川朝市では何が売ってる?

宮川朝市 赤かぶの漬物
宮川朝市 赤かぶの漬物

宮川朝市は地元の方も多く訪れるため、地元産の野菜や果物がたくさん売られているほか、高山の名産赤かぶの漬物が売られています。日持ちするのでお土産におすすめですよ。
また、飛騨のみたらし団子やプリンなどの食べ歩きも楽しめます。

宮川朝市
住所
岐阜県高山市下三之町

高山市へのアクセスは?

JR高山駅
JR高山駅

最寄駅はJR高山駅です。名古屋からだと特急ひだ利用で約2時間20分。また、富山駅からだと特急ひだ利用で約1時間30分なので北陸方面からのアクセスも良好です。
このほか、バスタ新宿から高速バスが出ていて、乗り換えなしで行けるので便利です。新宿と高山を約5時間30分で結んでいるので、朝早くに出ればお昼頃に着きます。

フォトジェニックな古い町並と、絶品の飛騨牛を食べ歩きで気軽に楽しめる高山。酒蔵めぐりや、朝市の散策など、美味しい楽しみがたくさんです。

この記事は2018年12月10日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。