• 16/04/01
  • トリップ
  • 571views

トリドリ編集部

『ベルばら』ファンが行かないわけにいかないフランス名所7選

近頃は物騒な事件もあったフランスですが、『ベルサイユのばら』ファンなら生涯に一度は行きたいフランス!
ベルばら聖地7つをご紹介します。

1 ヴェルサイユ宮殿
“フランス絶対王政の象徴”パリの南西22kmに位置する言わずと知れた世界最大級の宮殿です。広大な敷地ときらびやかな内装には驚くばかり。全てを見尽くすには数日かかるでしょう。鏡の回廊に立つと、貴婦人たちが舞う舞踏会が目に浮かびます。

Château de Versailles BP13-50772

 

2 セーヌ川
パリのシンボル、セーヌ川。哀愁あるアコーディオンの音色が聞こえてくるようです。BP11-04502

 

3 プチ・トリアノン
ヴェルサイユ宮殿から2km離れたところにある小離宮。マリー・アントワネットが王宮の窮屈な暮らしから逃避して入り浸った理想の楽園です。憧れの農村を作り上げたものの、実際のところ土いじりは一切しなかったとか。

le Petit Trianon à Versailles

 

4 チュイルリー庭園
チュイルリー宮殿の跡地。涙なくしては語れないアンドレが戦死した場所です。フランス革命時、この場所でドイツ人騎兵と衝突した民衆をフランス衛兵隊が援護したという話が残っています。オスカルの姿が思い出されます。BP09-09558

 

5 バスティーユ広場
オスカル絶命の地。ベルばらファンにとっての聖地はヴェルサイユ宮殿よりもむしろこの場所かもしれませんね。
フランス革命時に民衆が襲撃したバスティーユ牢獄の跡地であり、今は革命の記念柱が建っています。

 

6 コンシェルジュリ
マリー・アントワネットが処刑までの2ヵ月間を過ごした牢獄です。革命期には大勢が収容されており「最も過酷な牢獄」と恐れられていました。内部にはマリー・アントワネットの独房が再現されています。

7 コンコルド広場
フランス革命時の処刑場の跡地です。ルイ16世やマリー・アントワネットをはじめとするおよそ2800人がこの地で断頭台の露と消えました。パリの中心にあり、7月14日の革命記念日にはパレードが行われます。BP07-06757

 

ベルばらファンならずとも見どころ盛りだくさんのフランスですが、フランス革命を知っているとより深く楽しめます。
「あのての少女漫画は苦手」と言わず、ぜひ『ベルサイユのばら』を読んでから行ってみてください!
フランス旅行を数倍楽しめますよ!