• 17.04.23 更新
  • 243views

トリドリ編集部

インスタ映えする絶景写真が撮れるスポット!青森県「奥入瀬渓流」の魅力をご紹介

新緑の季節、大自然の中の渓流や滝を見ながらの散策は、日頃の忙しさを忘れさせてくれるリフレッシュのひとときですよね。

今、インスタ映えする絶景写真が撮れると、青森県の「奥入瀬渓流」が話題となっています。
今年の新緑のシーズンは、ちょっと足を伸ばして「奥入瀬渓流」に出かけてみませんか?

「奥入瀬渓流」とは?

奥入瀬渓流 阿修羅の流れ

「奥入瀬渓流」とは、十和田湖から流れ出る奥入瀬川の、子ノ口から焼山まで約14km続く流れのことを指します。
「奥入瀬渓流」は、特別名勝、天然記念物として国の指定を受け保護されており、滝や清流、岩など、たくさんの見どころがあります。
渓流沿いには車道と遊歩道が整備されており、誰でも散策しやすいのが魅力。

奥入瀬渓流へは、まず奥入瀬渓流の玄関口・焼山を目指しましょう。
青森駅、新青森駅、八戸駅などからJRバスが出ています。

見どころたくさん!絶景写真を撮ろう!

「奥入瀬渓流」には、見どころがたくさんあります。

おだやかな流れのなかに配置された岩の上に、さまざまな植物が生えている「三乱の流れ」。
うっそうと生い茂った木立の間を激しく流れる水がつくりだす、男性的な景観が人気の「阿修羅の流れ」。
水量が豊かで三段になって流れ落ちている「雲井の滝」。
奥入瀬渓流の本流にかかる随一の滝「銚子大滝」。

中でもこの4ヶ所は必見です。ぜひカメラを持参して、絶景写真を撮ってくださいね。

星野リゾート「奥入瀬渓流ホテル」に泊まりたい!

YUKI :)さん(@yuk._.i)がシェアした投稿

「奥入瀬渓流」を訪れるなら、ほとりに立つ唯一のホテル、星野リゾート「奥入瀬渓流ホテル」に泊まってみたいものです。
「奥入瀬渓流ホテル」では宿泊者専用の渓流シャトルバスを運行しているので、歩きに自信のない人でも安心です。
また、「渓流モーニングカフェ」「奥入瀬ガイドウォーク」など、各種アクティビティも用意されています。

JR新幹線と「奥入瀬渓流ホテル」の宿泊がセットになったツアーもありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

■奥入瀬渓流
※情報は記事公開日時点のものになります。