• 2017年9月7日更新
  • Yokito

目を疑うほどの絶景!楽園「パラオ」の極上ネイチャースポット2選♪

世界的に有名な南国リゾートの一つ「パラオ」。自然豊かなパラオの中でもひときわ絶景が楽しめるオススメのネイチャースポットをご紹介いたします♪

パラオって、どんな島?

パラオ

南太平洋に浮かぶ島国パラオ共和国は、大小200もの島々から成り、それぞれ個性豊かです。遠そうな印象のパラオですが、なんと日本との時差はゼロ!乾季にあたる11~5月がベストシーズンなので、まさにこれからが旅どきなんです☆

@kyon.ssがシェアした投稿

パラオは近年、リゾート地として日本人観光客からも人気を集めており、エメラルドの海に、美しい空といった南国のイメージが強いですが、その他にもキレイなスポットがたくさん♪その中でも選りすぐりのネイチャースポットを2つご紹介します!

その1 秘境の地「カヤンゲル島」

パラオの中でも最北端に位置するカヤンゲル島は、かつてアクセスが難しかった秘境の地でしたが、近年パラオの中心地コロール島からバベルダオブ島への橋がかかり、途中まで陸路で進めるようになったため行きやすくなりました。透き通る海が自慢のこの島は環境保護区に指定されており、手つかずの自然が今もなお美しく残されています。

この島に行くなら現地ツアーに参加するのが一番。島では様々なマリンアクティビティに参加することができます。ビーチ遊びやシュノーケリングの他、運が良ければイルカが見られることも♪カヤンゲル島の透き通るような海やビーチの砂の白さにアナタもきっと感動してしまうはずですよ☆

その2 ロックアイランドを代表する「セブンティアイランド」

セブンティアイランド

パラオのロックアイランドは世界遺産に登録されている絶景スポットで、その見た目から日本では「パラオ松島」とも呼ばれています。中でも最も美しいとされるのがコチラの「セブンティアイランド」。実際は70ではなく40余りの島によって構成されているのですが、サンゴ礁の隆起によって出来た島々は全体が自然保護区に指定されています。

残念ながらこちらへは上陸はできず、セスナ機からの空中遊覧のみとなっていますが、空からの神秘的な光景は息を呑むほどの絶景!透き通る海に浮かぶキノコのような島々の数はまさに自然の神秘なので、是非とも予定を調整してツアーに参加してみてください♪

パラオのリゾート

たくさんの絶景に出会えるパラオ。日本が寒くなってきたら、南国パラオへリゾートライフを楽しみに行っちゃいましょう!

※情報は記事公開日時点のものになります。
Yokito
Yokito

大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も”人生は旅である”と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。