ルクセンブルクに行ってみない?西ヨーロッパの美しい小国が素敵すぎ!

ルクセンブルクは正式名称を「ルクセンブルク大公国」といい、世界で唯一の大公国です。西ヨーロッパに位置していて、南はフランス、北西はベルギー、東はドイツと3ヶ国と隣接しています。周囲の国々に影響を受けてきたルクセンブルクでは、フランスやドイツの文化が融合したグルメを楽しむことができるんですよ。そんなルクセンブルグに、どんな観光地があるのかご紹介します!

世界遺産の城塞都市ルクセンブルク

ルクセンブルク旧市街

首都ルクセンブルク市は、2つの川に挟まれた断崖の上にあります。天然の要塞であるこの地には元々ローマ時代の古城があり、それを建て直した際に“小さな城”を意味する「Lucilinburhuc(ルシリンブルク)」と呼んだのが由来。14世紀後半から15世紀にかけて長大な城壁が建てられ、堅固な城塞都市となりました。19世紀に一部が取り壊されてしまいますが、かつて城壁で囲まれていた旧市街は「その古い町並みと要塞群」として世界遺産に登録されています。

ルクセンブルク旧市街

旧市街のなかでも、特に美しいのがグルント地区の町並みです。市街地より低い谷間に広がるエリアで、カーブした川沿いにパステルカラーの建物が並んでいる景色がとても素敵!城塞都市というと堅固なイメージですが、こんな可愛いスポットもあるんですね♪

大公の名前が付けられた美しいアーチの石橋「アドルフ橋」

旧市街と新市街を結ぶ「アドルフ橋」は、大きなアーチが特徴的。渓谷に架けられていて、緑の中にある石橋がとっても絵になります♪
美しい景観が素晴らしいだけでなく、この橋はルクセンブルクの人々にとってシンボル的な建築物だという事を覚えておくと現地の人に喜ばれるかも。ルクセンブルクの独立を果たしたアドルフ大公の統治の下、1900年から1903年にかけて造られたこの橋は、全長約153m、アーチ部分は約85mもあります。当時としては世界最大の石橋だったんですよ。車だけでなく歩行者も通行できるので、橋の上から渓谷の絶景を楽しんでくださいね。

金の女神像が見守る「憲法広場」

アドルフ橋を渡り旧市街の入り口にある「憲法広場」は、渓谷を挟んだ対岸の新市街を眺められる絶景ポイントです。広場の中央にあるのは、金の女神像「ゲレ・フラ」の立つモニュメント。こちらは、第一次世界大戦で犠牲となった戦没者の慰霊塔となっており、ルクセンブルクの人々の自由と抵抗を象徴して1923年に建てられました。

ステンドグラスが美しい「ノートルダム大聖堂」

ノートルダム大聖堂

憲法広場の近くには、3つの尖塔が目印の「ノートルダム大聖堂」があります。こちらはマリア像を安置するルクセンブルク市で最も格式のある教会で、1613年に建立されました。ゴシック建築でありながらバロックとルネサンス様式を組み合わせた壮麗な建築は必見です。

内部の装飾も見事で、壁画や彫刻といった歴史ある芸術作品を見ることができます。祭壇の上部にあるステンドグラスは息を呑む美しさで、礼拝時間を除いて内部見学ができるので、ぜひ中に入ってみてくださいね。日が差し込む様子がとにかく美しいんです。

ルクセンブルクの名物って何があるの?

ドイツ、フランス、ベルギーに囲まれたルクセンブルクでは、各国から影響されたグルメも魅力の一つ。2000年以上の歴史を持つ白ワイン「モーゼルワイン」や、大公宮御用達のチョコレート「ナミュール」や「オーバーワイス」があります。観光スポットが集中する旧市街には土産店もたくさんあるので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

特にオススメしたいのが、「オーバーワイス」のチョコレートやお菓子。ルクセンブルク市内に6店舗あり、本店ではイートインできます。種類豊富なスイーツから選べるのが魅力♡散策中にひと休みしたい時にオススメですよ。
スイーツを食べた後は、店内で販売されているお菓子もチェックしましょう。ルクセンブルクの観光スポットがデザインされたクッキーやチョコレート、カラフルなマカロンなど、お土産にも喜ばれること間違い無しですよ♪

■オーバーワイス(本店)
住所
16 Grand-Rue, 1660 Luxembourg,
電話番号
(+352)47 07 03
営業時間
月〜金曜日/7:30〜18:30、土曜日/8:00〜19:00
定休日
日曜日

いかがでしたか?ルクセンブルク旅行は、あまり日本で知られていませんが、古い町並みが残る美しい国であること、美味しいワインやチョコレートが名産であることなど魅力がたくさん。周辺のドイツやフランスの観光と併せて、いつか行ってみたい国の候補にしてみてくださいね♪

※情報は記事公開日時点のものになります。