欧米人に人気!ベトナムのビーチリゾート「ニャチャン」が女子旅に良いかも♪

東南アジアの中でもベトナムは、リゾート地というよりも活気に溢れた市場に四六時中行き交う無数のバイク、屋台で食べる庶民派グルメなどのイメージがありませんか?そういった東南アジアならではの賑わいを感じることのできるベトナムは観光地として大人気ですが、実は近年、ベトナムのあるビーチリゾートが大変話題になっています。
その名も「ニャチャン」!一体どんな場所なのでしょうか?

ベトナムきってのリゾート地「ニャチャン」の知られざる姿とは?

ニャチャン

ニャチャンはホーチミンより電車で7時間ほどの場所に位置する、ベトナムきってのリゾート地。日本人にはあまり馴染みがありませんが欧米人には古くから親しまれてきており、今ではニャチャンに移り住む外国人移住者が増加の一途を辿っているという噂まで!中でも特に多いのがロシア人なのです。ロシアから最も近い南国リゾート地として古くから親しまれてきたニャチャンには、ロシア料理店が多く、英語のほかにロシア語を話せる人も最近増えてきているんだとか。
ニャチャンはざっくりと、駅を挟んで北と南のエリアに分かれているので、それぞれ紹介いたしますね!

観光客人気高し!リゾート気分に浮かれたいなら南エリア

ニャチャン

南エリアには7キロ弱にも及ぶ美しく透明なニャチャンビーチが一面に広がり、観光客用のホテルやバックパッカー用ホステルなどが軒を連ねている観光客向けのエリア!レストランやお土産屋さんも多くあり、買い物や食事に事欠かないので、女子旅にうってつけHeartまた夜の浜辺はライトアップされてとってもロマンチックな雰囲気になるんですよ☆
ビーチだけでなく、ニャチャン大聖堂もオススメです。丘の上にあるので、見晴らし最高!

ローカル気分をゆったり満喫できる北エリア

ロンソン寺
Photo credit: Two Roses via Visual hunt / CC BY

ローカルが行き交う外国人観光客の少ない北エリアですが、観光名所がたくさんあります。
地元に愛される大きな仏像が目印!ニャチャン駅から徒歩約7分で行ける好アクセスのロンソン寺や、ショッピングが楽しめて活気溢れるダム市場、近年話題の泥風呂が楽しめる「タップ・バー・ホットスプリング・センター」は絶対に欠かせません!

ビーチをのんびりするも良し、街を散策するも良し。魅力たっぷりのニャチャンへ、あなたも遊びに行ってみませんか?

この記事は2016年5月22日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。