江戸時代にタイムスリップ! 色んな体験ができる「江戸ワンダーランド日光江戸村」で1日中遊んじゃおう

「江戸ワンダーランド日光江戸村」は、江戸時代の町並みがリアルに再現されたレジャー施設。侍や町人の姿をしたキャストを見ていると、まるでタイムスリップしたような気分になれるんです。
最寄りの駅は東武鉄道「鬼怒川温泉駅」ですが、路線バスが出ているのでJR日光駅下車でもOK。所要約30分です。日光東照宮と併せて行く方は、日光東照宮前にある冨士屋観光センターからJR日光駅と日光江戸村を結ぶ無料シャトルバスが出ているので、利用すると便利ですよ。

江戸時代の暮らしをリアル体験

弓道体験
写真提供:江戸ワンダーランド日光江戸村

江戸ワンダーランドに来たら、ぜひトライしていただきたいのが、江戸時代を体感できる様々なアクティビティ。武士の生活や武芸に触れることのできる「侍体験」や、武士の嗜みとして知られる「弓道体験」などがありますよ。男性はもちろん、女性も楽しめるので、ぜひ気軽に参加してみてくださいね。

忍者体験
写真提供:江戸ワンダーランド日光江戸村

「忍者怪怪亭」は、方向感覚が麻痺する不思議トリックハウス。忍者のような平衡感覚が無いと、先に進むのは難しいかも?!また、忍者センスが問われるアトラクションが「忍者からくり格言迷路」。巨大迷路には、回転扉や仕掛けがあり、迷ってしまうこと必至!所々に書かれている忍者の格言をヒントに頑張ってゴールを目指してくださいね。
他にもお化け屋敷のような「地獄寺」や、江戸時代の町方の消防団である町火消の資料を展示する「江戸町火消資料館」など、アトラクションがたくさんあるので、じっくり楽しんでくださいね♪

江戸時代の人に成りきって変身してみよう!

変身処 子供忍者
写真提供:江戸ワンダーランド日光江戸村

日光江戸村をもっと楽しむならコチラ。江戸時代の人の扮装が出来る変身コーナー。子供用、女性用、男性用とそれぞれ衣装が用意されていて、女性用では、姫様、町娘、花魁、女剣士など13種類の中から選べます。着替えにかかる時間は衣装によって異なりますが、30~45分ほど。着替えた後は、江戸の町並みを散策したり、施設内で上演されているお芝居を見に行ったりできますよ。

変身処 男女
写真提供:江戸ワンダーランド日光江戸村

料金は選ぶ衣装によって異なりますが、例を挙げると町娘で2,900円、お姫様で9,800円。時期により料金が異なったり、予約が必要だったりするものもあるで、ご注意くださいね。せっかく江戸ワンダーランドに来たのなら、江戸時代の人になりきって遊んじゃいましょう!

江戸らしい洒落の効いたお土産が人気

ニャンまげ
写真提供:江戸ワンダーランド日光江戸村

江戸ワンダーランドでは、お土産選びも楽しみの一つ。人気キャラクターの「ニャンまげ」がお菓子やステーショナリーなど色んなグッズになっているので、お土産にぴったりです。オリジナルデザインの手ぬぐいや、手書きの浮世絵などいかにも江戸情趣を感じさせるアイテムも人気ですよ。

越後屋
写真提供:江戸ワンダーランド日光江戸村

可愛くてユニークなお土産がたくさん揃っていますが、なかでも特にオススメしたいのが「越後屋の袖の下饅頭」!!時代劇のお決まりのシーン、越後屋と悪代官の悪だくみに登場する饅頭に似せた饅頭です。箱の蓋をあけると1段目には普通のお饅頭が入っていますが、2段目には小判に見立てたお饅頭が!洒落が効いていて、誰かにあげるのが楽しみになっちゃいますね。

江戸ワンダーランドへのアクセスは?

メイン画像

江戸ワンダーランドへのアクセスは、東京方面から車で行く場合、東北自動車道「宇都宮I.C.」で日光宇都宮有料道路に乗り換え、「今市I.C.」で降ります。国道121号線を鬼怒川温泉方面に進みます。合計所要時間は、約2時間30分です。 公共交通機関を利用する場合、「新宿駅」または「池袋駅」または「大宮駅」から東武鉄道の特急「きぬがわ号」または「スペーシアきぬがわ号」に乗車。「鬼怒川温泉駅」で降りたら、タクシーまたは路線バスで向かいましょう。合計所要時間は約2時間です。

江戸時代にタイムスリップした気分で遊べる日光江戸村。江戸人に成りきってみたり、ユニークなお土産を買ったりとワイワイ楽しめますね。東京からちょっと足を延ばして、非日常を体験しませんか?

■江戸ワンダーランド日光江戸村
住所
栃木県日光市柄倉470-2
電話番号
0288-77-1777
休業日
水曜日(ただし、祝日・3月25日~4月7日・4月29日~5月5日・7月21日~8月31日・12月29日~1月5日にあたる場合は営業)、12月8日~12月21日
営業時間
3月20日~11月30日/9:00~17:00、12月1日~3月19日/9:30~16:00
料金
料金:大人(中学生以上)/4,700円、子ども(小学生)/2,400円、未就学児/無料
※情報は記事公開日時点のものになります。