マレーシア 色鮮やかなサーモンピンクの美しい街並み「世界遺産・マラッカ」へ行ってみよう!!

マレーシア南西部の海沿いにある古都「マラッカ(Melaka)」は、世界遺産にも登録された歴史のある美しい街です。そんなマラッカの歴史やおすすめの観光スポット、ショッピングやB級グルメが楽しめるスポットをご紹介します!!

マラッカとは?

マラッカ オランダ広場
マラッカ オランダ広場
 撮影:dip / BUD International

マレーシアに行くならぜひ訪れてほしい、世界遺産に登録され古都「マラッカ(Melaka)」。その歴史は1400年に誕生したマラッカ王国から始まります。マラッカ王国の繁栄後、400年以上に渡りポルトガルやオランダなどヨーロッパの支配を受けたことにより、独特の文化がマラッカの街並みに残りました。ヨーロッパの文化が融合した、アジアでは珍しいユニークな建築様式などが楽しめるのでマラッカの歴史を感じながら散策するのがおすすめです。
また、マラッカはサンフランシスコ・ザビエルが立ち寄り、東洋において布教活動の拠点とした場所でも有名です。

マラッカ観光におすすめの場所はココ

オランダ広場

マラッカ オランダ広場
マラッカ オランダ広場
撮影:dip / BUD International

「オランダ広場」は、マラッカ観光の拠点です。オランダ支配時代の色鮮やかなサーモンピンクの歴史的建造物が集まっておりキリスト教会や旧総督邸などが建ち並び、その街並みは写真撮影にぴったりな場所です。

オランダ広場(Windmill Dutch Square Melaka)

セント・ポール教会

マラッカ セント・ポール教会
マラッカ セント・ポール教会
撮影:dip / BUD International

「セント・ポール教会」は、1521年のポルトガル支配時代にキリスト教布教のために建てられました。現在は廃墟となっていますが、壁際には当時のポルトガル人の墓石が残っており『フランシスコ・ザビエル』の遺体がしばらくの間安置されていた場所でもあります。

セント・ポール教会(Gereja St. Paul)

買い物とグルメを楽しむなら「ジョンカーストリート」

マラッカ ジョンカー・ストリート
マラッカ ジョンカー・ストリート
撮影:dip / BUD International

マラッカでの楽しみは観光だけではありません。毎週金・土・日の夜に開かれる名物「ジョンカーストリートのナイトマーケット」もおすすめです。ジョンカーウォークともいわれ、お土産から服飾のお店、B級グルメ屋台にいたるまで多くの露店が路上にずらりと並びます。歩行者天国になるので多くの人でにぎわい、活気あふれる雰囲気が楽しめますよ。ここではニョニャ料理も食べられるのでぜひ味わってみてください。

ジョンカーストリートナイトマーケット(Jonker Street Night Market)

マラッカへのアクセス方法は?

マラッカ リキシャー
マラッカのリキシャー

<クアラルンプール空港から>
◎バス:約2時間30分〜3時間 ◎タクシー:約1時間30分

<クアラルンプール市内から>
◎バス(TBS高速ターミナルより):約2時間 ◎タクシー:約2時間

クアラルンプールから発着するオプショナルツアーも多くあるので利用してみてくださいね。

マラッカ(Melaka)

いかがでしたか? かわいくて思わずSNSでアップしたくなるようなスポットがいっぱいのマラッカ。クアラルンプールからわずか2時間で行けるのでマレーシアに行く際は、ぜひ行ってみてくださいね。

この記事は2017年1月8日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。