ミャンマー幻の遺跡「カックー遺跡」で、たくさんの仏塔が建ち並ぶ景色に息を呑む!

カックー遺跡は、ミャンマーの少数民族“パオ族”が暮らす特別地区にある遺跡です。たくさんの“パゴダ”と呼ばれる仏塔が林立する、その独特の景色と荘厳な雰囲気が魅力の場所です。

カックー遺跡とは?

カックー遺跡
カックー遺跡

「カックー遺跡」があるのは、ミャンマーの人気観光地のひとつで、シャン州最大の見どころとなるインレー湖周辺のエリアです。インレー湖から山を越えて約2時間のところにある幻の遺跡として注目されています。

たくさんの仏塔が建ち並んでいるのはなぜ?

カックー遺跡
カックー遺跡

カックー遺跡はたくさんの仏塔が建ち並んでいる景色が見られますが、その歴史は12世紀にさかのぼります。当時の王がこの地に住む人々に対して「各家庭につきひとつずつ仏塔を寄付するように」と指示したのが始まりです。800年にわたり増築され、その数なんと2,400基以上にもなります。
寄付した人の地位や財力、部族の違いにより、いろんな形や大きさの仏塔が建てられていますよ。

カックー遺跡への行き方は?

カックー遺跡
カックー遺跡

カックー遺跡を訪問するには、パオ族のガイドの同行が必須です。シャン州の州都にあたるタウンジーの管理事務所で入域料とガイド料を支払います。
公共交通機関はないので、タウンジーからタクシーをチャーターして向かってくださいね。

カックー遺跡
入域料
3ドル
ガイド料
5ドル(ガイドひとりつき5人まで)

思わず息を呑むたくさんの仏塔に、長い歴史を感じるカックー遺跡。ミャンマーの観光地として人気のインレー湖を訪れるならぜひ足を延ばして行ってみましょう!

この記事は2017年3月16日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設の営業時間変更または臨時休業となる場合がございます。事前にイベント主催者や各施設のウェブサイト等でご確認ください。