新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設や店舗は営業時間変更または臨時休業となっている場合があります。事前にイベント主催者や各施設の公式ウェブサイト等でご確認ください。

ドイツ旅行におすすめ! フランクフルトから日帰りで行ける「ハイデルベルク」ってどんなとこ?

ドイツは電車やバスなどの交通網が発達しているうえ、主要空港から各都市へのアクセスも良いのでとても観光しやすい国です! 今回はドイツ屈指の大都市フランクフルトから日帰りで行けるハイデルベルクをご紹介。中世ヨーロッパの雰囲気が残る街並みやハイデルベルク城の魅力をお伝えします。

目次

  1. 「ハイデルベルク城」から見渡す絶景!
  2. 3つの願い事を叶えてくれる猿の像
  3. 街で一番華やかな「マルクト広場」
  4. ハイデルベルクへのアクセス方法

「ハイデルベルク城」から見渡す絶景!

ハイデルベルクの街並み
ハイデルベルクの街並み

「ハイデルベルク城」の歴史は古く、起源を13世紀に遡ります。17世紀に起こった2度の戦争の被害により、残念ながらこのお城の大部分が破壊されてしました。その後、完全修復は断念しましたが、今でも大切に保護され街のシンボルとなっています。ヨーロッパの他のお城と比べると華やかさはないですが、静けさと趣がありとても魅力的な古城です。
見どころはなんといってもお城から見下ろすハイデルベルクの街。オレンジ屋根の街並みが広がり、有名なネッカー川が街の真ん中を横切っています。ハイデルベルク城に行くにはケーブルカーの利用がおすすめ。帰りは徒歩でゆっくり下って、アーチの形が特徴的な石橋カール・テオドール橋の立ち寄ってはいかがでしょう。この橋の上からはお城全体が綺麗に見えるので撮影スポットとしておすすめです。

ハイデルベルク城
住所
Schloss Heidelberg Schlosshof 1 69117 Heidelberg
開館時間
8:00~18:00
入場料
8ユーロ (ケーブルカー利用料含む)

3つの願い事を叶えてくれる猿の像

カール・テオドール橋・金色の鏡を持った猿の像
カール・テオドール橋・金色の鏡を持った猿の像

カール・テオドール橋の東側の入り口には金色の鏡を持った猿の像(Bridge Monkey of Heidelberg)が置かれています。この像、実は“3つの願いを叶えてくれる猿”として大変有名なんです。1つ目は、猿の指に触れるとハイデルベルクを再び訪れることができる。2つ目は、猿が持つ鏡に触れると、金運があがる。そして最後は、猿の隣にいるネズミを触れば、子宝に恵まれると伝えられるのだそう。せっかくなので、欲張って3つとも叶えてもらいましょう!

猿の像

街で一番華やかな「マルクト広場」

ハイデルベルク・マルクト広場
ハイデルベルク・マルクト広場

「マルクト広場」はハイデルベルクの街の中心にあり、有名な聖霊教会の前にある大きな広場。カフェやレストラン、お土産屋さんなどが建ち並び、日中はとても賑やかです。お天気の良い日は、広場にあるカフェテラスでドリンクや軽食を楽しむのがおすすめ。また、近くにあるレストランやバーではハイデルベルクの地ビールも味わうことができます!さらに、毎年11月後半からクリスマスマーケットが開催されるので、ぜひタイミングを合わせて行きましょう!

マルクト広場

ハイデルベルクへのアクセス方法

電車を利用する場合は、フランクフルト空港からICE(インター・シティ・エクスプレス)に乗車しフランクフルト中央駅へ。その後IC(インター・シティ)に乗り換えハイデルベルク駅へ。所要時間は50分~1時間ほど。

もしくは、フランクフルト空港から直通バスFLIXBusで約1時間5分。チケットの値段は時間帯により異なりますが、バスの方が断然お得!フランクフルトの空港にはスーツケースを一時的に預ける場所もあるので、楽ちんです。
レイルヨーロッパのサイトなら日本語で閲覧できます。

ハイデルベルクは小さな街ですが、お城や街並み、マルクト広場など魅力がたくさん!ドイツ旅行の際は、ぜひ行ってくださいね。

この記事は2018年8月25日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。