カトリックの総本山で世界遺産の景色が観られる世界一小さい国「バチカン市国」をご紹介!

厳かな雰囲気が漂う「バチカン市国」は、世界的に有名な観光地であると共に、カトリックの総本山です。神聖な空気と、重厚な歴史が感じられるところが魅力の“世界一小さい国”でもあり、小さいながらも見どころが豊富な国ですよ。

バチカン市国ってどんな国?

バチカン市国
バチカン市国

バチカン市国があるのは、イタリア・ローマ市街地の中。国土が世界で最も小さい、“世界一小さい国”ですが、国全体が世界遺産に登録されています。観光客はもちろん、カトリック教会の総本山でもあるため、信仰者も多く訪れる神聖な場所です。
バチカン市国は入国の際にパスポートを提示する必要がないので、ローマ観光と併せて観光できます。

カトリックの総本山「サン・ピエトロ大聖堂」

サン・ピエトロ大聖堂 外観
サン・ピエトロ大聖堂 外観

カトリックの総本山である「サン・ピエトロ大聖堂」は、ミケランジェロやラファエロの作品を鑑賞できるほか、神聖な雰囲気が漂う場所です。ミケランジェロが設計した屋上のクーポラ(ドーム)は必見です。特にクーポラのテラスに夕方訪れると、サン・ピエトロ広場の美しい夕焼けを一望できますよ。
クーポラのテラスに行くには、途中までエレベーターも利用できますが、降りてからテラスまでの階段を登る必要があるので、歩きやすい靴をおすすめします。

サン・ピエトロ大聖堂
住所
Piazza San Pietro, 00120 Città del Vaticano
開館時間
4~9月/7:00~19:00
10~3月/7:00~18:30
休館日
水曜日/9:00〜13:00、復活祭の日曜日、12月25日
入館料
大聖堂/無料
エレベーター/10ユーロ
徒歩/8ユーロ

世界中の傑作がそろう「バチカン美術館」

バチカン美術館 二重螺旋の階段
バチカン美術館 二重螺旋の階段

「バチカン美術館」は、サン・ピエトロ大聖堂の北側にあります。500年以上かけて、歴代のローマ教皇が集めたものが展示されている世界最大級の美術館です。教科書などで目にしたことがあるような有名な傑作ぞろいで、しっかり観て回るには一週間かかると言われていますが、中でも、システィーナ礼拝堂にある『最後の審判』はぜひ見ておきたい作品の一つと言えるでしょう。このほか、地図のギャラリー、ラファエロの間など、見応えのある作品が数多く展示されています。

バチカン美術館 地図の間
バチカン美術館 地図の間

バチカン美術館は入館料がかかりますが、オーディオガイド付きツアーや、ランチ付きツアーなど、多くのチケットが用意されています。基本となるのが、バチカン美術館とシスティーナ礼拝堂の観覧がセットになったオープンチケットで、17ユーロです。

バチカン美術館
住所
Viale Vaticano, 00165 Roma, Italy
営業時間
9:00~18:00(最終入場16:00)
月の最後の日曜日/9:00~14:00(最終入場12:30)
定休日
日曜日
入場料金
17ユーロ〜(オンライン予約をする場合手数料は4ユーロかかります)

バチカン市国観光の際に注意するポイントとは?

バチカン市国 サン・ピエトロ広場
バチカン市国 サン・ピエトロ広場

サン・ピエトロ大聖堂、及びバチカン美術館に入る際にセキュリティチェックを受けます。特にサン・ピエトロ大聖堂は神聖な場所であるため、過度な露出をしていると入場できない場合があるので、肩や足などが隠れる服装で行きましょう。
どちらも撮影禁止の場所があるほか、大聖堂内では携帯電話の使用が禁止されています。

バチカン市国
正式名称
ローマ教皇庁 (バチカン)

神聖で厳かな雰囲気が漂うバチカン市国。せっかくならば、何日かかけてじっくり見学してみてくださいね。

この記事は2017年1月18日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設の営業時間変更または臨時休業となる場合がございます。事前にイベント主催者や各施設のウェブサイト等でご確認ください。