人気デートスポット「葛西臨海公園」!水族館も観覧車もBBQもあるから丸一日遊べちゃう!

葛西臨海公園は平成元年に開園した都立公園。東京ドーム約17個分の広大な敷地には、芝生広場ゾーン、汐風の広場ゾーン、水族園ゾーン、鳥類園ゾーン、管理ゾーンの5つのゾーンに加え、夏には水遊びが楽しめる人工渚も登場。多種な施設があるので一日中飽きずに楽しめるの公園です。今回は各ゾーンにあるオススメの施設をご紹介します。

この記事のもくじ

  1. マグロの群泳や可愛いペンギンが見られる「葛西臨海水族園」
  2. 生き生きとした鳥たちを観察できる「鳥類園ウォッチングセンター」
  3. 日本最大級!「ダイヤと花の大観覧車」から東京を一望
  4. 東京湾を一望できる「汐風の広場ゾーン」
  5. 手ぶらでバーベキューが楽しめる「バーベキュー広場」

マグロの群泳や可愛いペンギンが見られる「葛西臨海水族園」

葛西臨海水族園 外観
葛西臨海水族園 外観

公園に入るとまず目を奪われるのが大きなガラスドーム。こちらは水族園ゾーンにある葛西臨海水族園の施設の一つで、地上30.7メートルのドームの下では600種類以上の海の生物たちが飼育されています。ガラスドームにあるエントランスを抜けると、そこはもう海の世界。サメとイワシの大群が泳ぐ水槽や、2,200トンの水槽の中を悠々と泳ぐクロマグロを間近で見ることができ、訪れた人を圧倒します。太平洋や大西洋、北極海や南極海など世界中から集めた海の生き物たちの水槽もあり、なかなかお目にかかれない珍しい姿を観察できます。

水族園の一番人気といえば、やはりペンギンコーナー。国内最大級の規模を誇り、フンボルトペンギンやオウサマペンギンなど全部で4種類の可愛いペンギンに会えるんです。水中では素早く泳ぎ、陸上ではヨチヨチ歩く、そんなペンギンの姿が見られます。他にも、小笠原や伊豆七島を含む東京の海について紹介するコーナーや海鳥の生態を見ることができるコーナー、そしてモツゴやドジョウといった稀少な日本の在来種を観察できる淡水環境が再現され、生き物の多様性を知ることができます。

葛西臨海水族園
住所
東京都江戸川区臨海町6-2-3
電話番号
03-3869-5152
開園時間
9:30~17:00 ※入園は16:00まで
休園日
水曜(祝日・振替休日、都民の日の場合はその翌日休園)、12月29日~1月1日
入園料
大人(高校生以上)700円、中学生/250円、小学生以下/無料

生き生きとした鳥たちを観察できる「鳥類園ウォッチングセンター」

鳥類園ゾーンのメイン施設が「鳥類園ウォッチングセンター」。ゾーン内には、淡水池と汽水池の2つの池があり、林や草を人工的に育て自然に近い環境を作っています。センター内には、鳥の生態を学べるレクチャールームや最近観察された鳥の情報コーナーがあり、バードウォッチングを楽しむ方が多く訪れます。

ゾーン内には観察小屋があり、誰でも気軽に鳥を観察できますよ。鳥に詳しくなくても、小屋の中には鳥類案内板があるので大丈夫。肉眼でも楽しめますが、双眼鏡を持っていけばもっと鳥の生き生きとした姿を観察できます。また、定期的にセンタースタッフによるガイドツアーが開催されているので、興味のある方はぜひ参加してみましょう。季節により種類が異なりますが、こちらでは水辺に暮らす色んな鳥を見ることができます。代表的なのはカルガモやクイナ、サギなど。時には小さな生き物を狙って飛んでくる猛禽類が見られることも。運が良ければ、青く輝く羽が美しいカワセミにも会えるかも。写真好きの方はカメラもお忘れなく!

日本最大級!「ダイヤと花の大観覧車」から東京を一望

葛西臨海公園 ダイヤと花の大観覧車
葛西臨海公園 ダイヤと花の大観覧車

葛西臨海公園に来たら、メインとも言えるのが芝生広場ゾーン。こちらは緩やかな傾斜の芝生が広がるエリアで、広場でくつろいだり、散策をしたり、と思い思いに過ごすことができます。そして、こちらでぜひ乗って頂きたいのが大観覧車。高さ117メートルと日本最大級を誇り、約17分かけて空中遊覧を楽しむことができます。観覧車内からは東京湾はもちろん、ディズニーランドやスカイツリーなど東京を代表する観光スポットが見渡す、晴れていれば富士山も望むこともできるそう。夜は観覧車に取り付けられたライトが点灯し、ロマンチックなムードに。席はグループ毎なので、知らない方と相席になることはありません。恋人との甘いひとときを過ごしたい時は是非。
また、観覧車の入口には公園内を運行するパークトレインの停留所があり、各ゾーンへの移動がカンタンにできます。10時から16時の間で30~40分間隔で運行しているので、疲れた時に利用してみてはいかがでしょう。

ダイヤと花の大観覧車
住所
東京都江戸川区臨海町6-2
電話番号
03-3686-6911
営業時間
平日/10:00~20:00
土・日・祝日・GW・春休み・夏休み/10:00~21:00
※大観覧車の受け付けは20分前まで。
休業日
1月の第4・5水曜日、2月の水曜日(祝日に当たる場合は翌日)
料金
<大観覧車>一般(3歳以上)/700円
<パークトレイン>大人(中学生以上)/300円、子ども(3歳以上)/150円、幼児(2歳以下)/無料

東京湾を一望できる「汐風の広場ゾーン」

ちょっと休憩したいな、と思ったら汐風の広場ゾーンに行ってみましょう。こちらには「展望レストハウス クリスタルビュー」という施設があり、誰でも無料で美しい景色を見ながら休憩を取ることができます。地上2階、地下1階のガラス張りのスタイリッシュな建物で、写真スポットとしてもオススメ。丘の上に建てられているので景色が抜群で、360℃のパノラマが広がる展望スペースからは園内や東京湾を一望できます。また、ここから眺める夕日や夜景はとても美しいんですよ。
なお、地下1階の無料休憩所は2018年12月15日から2019年4月下旬(予定)までリニューアル工事のため利用できなくなっているのでご注意ください。

手ぶらでバーベキューが楽しめる「バーベキュー広場」

バーベキュー アウトドア BBQ イメージ
バーベキュー BBQ:イメージ

葛西臨海公園内ではバーベキューを楽しめるエリアがあります。電話や公式サイトから予約可能で、年間を通じて利用可能。公式サイトからなら、最大50人まで参加できるのでみんなでわいわい楽しみたい時にピッタリです。バーベキューの器材や材料を持って行かなくても、肉や野菜などがセットになっているプランもあるので手ぶらでOK。しかも、セッティングや片付けはスタッフの方がやってくれるので、調理して食べるだけ♪園内でおもいっきり遊んで疲れた後でも、手間なしで利用できるのが嬉しいですね。また、場所のみ利用したい方は、器材と食材は持参する必要がありますのでご注意ください。
園内には軽食を販売する売店はありますが、レストランやカフェはありません。しっかり食事をとりたい方には、バーベキューがオススメですよ。

葛西臨海公園へは、JR京葉線「葛西臨海公園駅」を降りたらすぐ。アウトドア気分の休日には、ぜひお出かけしてみてくださいね!

葛西臨海公園
住所
東京都江戸川区臨海町6
電話番号
03-5696-1331(葛西臨海公園サービスセンター)
開園時間
常時
※展望レストハウス クリスタルビューは9:00~17:00、入館16:30まで。
鳥類園 ウォッチングセンターは9:15~16:30。
休園日
無休 ※サービスセンター及び各施設は年末年始休業
入園料
無料 ※施設による

※情報は記事公開日時点のものになります。