千葉県勝浦は日帰り旅行にオススメ!絶景とご当地グルメを楽しもう!

勝浦と言えば年間約20万人が訪れ、400年以上の歴史がある「勝浦朝市」が有名で、地元の人はもちろん観光客で賑わいます。
朝市目当てに勝浦に行くのなら、ぜひ訪れてほしいスポットや食べてほしい名物をご紹介します!

目次

  1. 勝浦のご当地グルメ「勝浦タンタンメン」を堪能しよう!
  2. 絶景が広がる「かつうら海中公園」
  3. 勝浦駅の隣駅「鵜原」でフォトジェニックな景色を堪能
  4. 太平洋を望む勝浦温泉「勝浦ホテル三日月」

勝浦のご当地グルメ「勝浦タンタンメン」を堪能しよう!

勝浦タンタン麺
勝浦タンタン麺

新鮮な海産物や名物料理もいいけれど、地元推しのB級グルメもハズせません!勝浦を訪れたなら、2015年のB-1グランプリでゴールドグランプリを受賞した「勝浦タンタンメン」をぜひ食べてみて。一般的なタンタンメンとの違いは、ゴマベースではなく醤油ベースでラー油を多めに使ったスープであること。身体の芯から温まりそうな勝浦タンタンメンは、海で働く漁師さんや海女さんのために考案されたのがはじまりだとか。ニンニクやニラ、ネギが入っているので、とっても活力が湧きそうですね!

絶景が広がる「かつうら海中公園」

かつうら海中公園
かつうら海中公園

勝浦の海を楽しむなら、「かつうら海中公園」に行ってみましょう。こちらには沖合60mの位置に設置された海中展望塔があり、海の中を観察することができるんです。勝浦の海一帯は寒流と暖流が交わる場所で、たくさんの種類の海の生物が生息しています。運が良ければ魚の群れやサメを見ることもできるそう!海上の展望室からは美しいリアス式海岸の景観や水平線も一望できるので、ぜひご覧くださいね。

かつうら海中公園
かつうら海中公園

また、海岸から展望塔に向かう通路もフォトジェニックポイントとしてオススメ。海をバックに素敵な写真を撮ることができますよ。
公園内には資料館が併設されていて、海の生物や漁業について学ぶことができますよ。レストランや売店もあるので、休憩がてらお土産を選ぶのもいいですよね♪

かつうら海中公園
住所
千葉県勝浦市吉尾174
営業時間
9:00~17:00 ※受付16:30まで
休業日
電話番号
0470-76-2955

勝浦駅の隣駅「鵜原」でフォトジェニックな景色を堪能

鵜原海岸の白い鳥居
鵜原海岸の白い鳥居

JR外房線で勝浦の隣駅となる鵜原にもぜひ足を延ばしましょう。駅から徒歩約10分の海岸ぞいに白い鳥居がそびえます。昼の陽光に照らされる姿も、夕日に染まる姿も、とても素敵です。

白い鳥居
住所
千葉県勝浦市鵜原909
鵜原理想郷 手弱女平からの景色
鵜原理想郷 手弱女平からの景色

鳥居のある海岸沿いからだとすぐそばに鵜原ハイキングコースとして整備された道があり、その道なりに進むと「鵜原理想郷」に着きます。道中には見晴らしのいい場所に置かれたベンチで一息つけたり、珍しい地形が見られたりと見どころたっぷりです。ゆっくり回っても一周2時間かかるかどうかといったところ。ぜひ頂上に当たる「手弱女平(たおやめだいら)」から勝浦の海を一望してくださいね。

鵜原理想郷
住所
千葉県勝浦市鵜原

太平洋を望む勝浦温泉「勝浦ホテル三日月」

たくさん遊んだ後は、勝浦温泉で癒されてみてはいかが。炭酸水素塩温泉で神経痛や疲労回復などの効果が期待できます。リフレッシュするのにもってこいですね!
温泉街はありませんが、日帰りでも利用できる「勝浦ホテル三日月」がオススメ。屋内・屋外にスパがあり、勝浦の海を見ながらリラックスできますよ。タオルも用意されているので、手ぶらで行けるのがいいですね♪

勝浦ホテル三日月
住所
千葉県勝浦市墨名820
電話番号
0470-73-1115 ※受付9:00~21:00

東京からJR京葉線、外房線を経由すれば1時間半ほどで行ける勝浦。車でも館山自動車道を経由すれば2時間ほどでで行けるので、週末の日帰り旅行にピッタリですよ♪絶景を見たり、温泉に浸かってパワーをチャージしてみてはいかが?

この記事は2018年3月6日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。