群馬県富岡にある動物園「群馬サファリパーク」へ、日本唯一のスマトラゾウなどの珍しい動物に会いに行こう!

関東最大級の動物園「群馬サファリパーク」では、動物たちが生息地ごとに分かれて展示されています。他ではなかなかお目にかかれない珍しい動物もいるほか、レトロな遊園地が併設されていて楽しめます。

群馬サファリパークはどんな動物園?

群馬サファリパーク ホワイトタイガー
群馬サファリパーク ホワイトタイガー

「群馬サファリパーク」では、車やバスで園内をめぐって動物を観察します。自家用車か群馬サファリパークが運行するサファリバスなどの乗り物に乗車して楽しみます。
ゲートをくぐると、まず見えるのがアフリカゾーン。シマウマやキリンといった動物園の人気者が見られます。続くアメリカゾーンではアメリカバイソンが見られ、そこからトラゾーン、ライオンゾーン、アジアゾーンと続き、その先には車から降りて見学するウォーキングサファリゾーンがあります。ユキヒョウやホワイトタイガーなど、ワイルドで可愛いネコ科の動物が間近で見られますよ。続く日本ゾーンではツキノワグマやニホンザルが見られ、最後は再びアフリカゾーンに戻ってきて出口です。
通常の動物園よりもマイペースに過ごす動物の姿が楽しめますよ。

日本ではここだけ! スマトラゾウ

スマトラゾウとはアジアゾウの一種で、耳の大きなアフリカゾウとは違い、見た目がこじんまりとしています。
かつてはインドネシアのスマトラ島にあるすべての州で生息が確認されたスマトラゾウですが、現在は生息数が減っており、日本で会えるのはこの群馬サファリパークだけです。運が良ければ、ゾウが運転手さんに挨拶する様子も見られるかもしれません。

こちらも貴重なシンリンオオカミの住む森

ユーラシア大陸や北アメリカ大陸に分布するタイリクオオカミの一種であるシンリンオオカミ。生息地はカナダやアメリカの森林や草原です。シンリンオオカミが飼育されている「オオカミの森・オオカミ繁殖センター」はウォーキングサファリゾーンの隣の林にあり、エリアが広いため自然に近い形で飼育されています。観察デッキではフェンス越しに間近で見られるのが魅力です。

迫力満点のエサやりバスは特におすすめ

群馬サファリパーク エサやり体験バス
群馬サファリパーク エサやり体験バス
写真提供:ググっとぐんま写真館

サファリパークへの入場には、いくつかの車両が用意されています。窓から見学する定番のサファリバスや、間近まで寄れるオフロード車など、好みに応じて選べますよ。中でもおすすめなのが「エサやりバス」です。
約1時間20分かけてサファリパーク全体を一周しながら、草食動物やライオンにエサをあげて動物との触れ合いを楽しみます。特にライオンがお肉にかぶりつく様子を目の前で見られるのはスリル満点! 予約はできないので、当日に園内周遊バス受付にて乗車券を購入します。売り切れてしまうこともあるので早めに訪れると良いでしょう。
自家用車で行く場合には、動物の説明や緊急情報が流れるガイドラジオを利用します。また、入園は一回限りになっているので、入園方法は事前に決めておくのがおすすめです。

◎入園方法とその料金
<エサやり体験バス>1,300円
<サファリバス>500円
<レインジャーツアー>1,300円
<サイバス>1,000円
<マイカー>500円(ガイドラジオ料金)

懐かしい乗り物がたくさんある遊園地

群馬サファリパーク 遊園地
群馬サファリパーク 遊園地

群馬サファリパークには遊園地が併設されています。カラフルでちょっとレトロな乗り物が並び、子どもも大人も楽しめます。高さ40mの観覧車からはサファリパークを一望できますよ。先頭にライオンの顔がついた愛嬌あるジェットコースターは、大人同伴で4歳から乗車可能です。スカイバルーンは気球の形をした乗り物がふわふわと周回する懐かしい雰囲気のアトラクション。このほか、とぼけた顔のゾウが印象的な「スカイダンボ」などがあります。
サファリパークを回ってちょっと一息つきたいときに、“ゆるかわいい”遊園地をまわってみませんか?

群馬サファリパークへのアクセス

上州富岡駅
上州富岡駅

車で行く場合は上信越自動車道 富岡I.C.から約10分です。電車の場合は、上州富岡駅で降りてタクシーで約15分、JR高崎駅から乗る場合は約40分かかります。

群馬サファリパーク
住所
群馬県富岡市岡本1
電話番号
0274-64-2111
料金
大人(高校生以上)/2,700円、小人(3歳~中学生)/1,400円

群馬サファリパークには、なかなか見られない動物たちが数多く暮らしています。迫力満点のサファリパークへ遊びに行ってみませんか?

この記事は2019年1月15日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。