新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設や店舗は営業時間変更または臨時休業となっている場合があります。事前にイベント主催者や各施設の公式ウェブサイト等でご確認ください。

意外なフォトジェニックスポット!? 黒い溶岩が珍しい群馬県の嬬恋村「鬼押出し園」へ出かけよう!

群馬県、嬬恋村にあるゴツゴツとした黒い岩が広がる景勝地「鬼押出し園」のご紹介です。軽井沢や草津からそう遠くない場所に位置しており、立ち寄りスポットとしても人気です。

「鬼押出し園」ってどんなところ?

鬼押出し園
鬼押出し園

「鬼押出し園」は群馬県嬬恋村に位置する、上信越高原国立公園内にある景勝地です。1783年の浅間山大噴火によって流れ出た溶岩が固まってできました。浅間山の麓を走る“鬼押ハイウェー”の途中にあり、軽井沢や万座温泉、草津温泉などが車で1時間圏内にあるので、立ち寄りスポットとしてもおすすめです。

「鬼押出し園」のその名の由来は?

鬼押出し園
鬼押出し園

「鬼押出し園」という名称の確かな由来は残っていませんが、浅間山には古くから“鬼が怒ると噴火する”と言い伝えられており、当時の住民が、鬼が暴れて岩を押し出したように感じたことから「鬼押出し園」というユニークな名前が付けられたのではないかと言われています。
岩は人の背丈を越えるほどの大きなものもあり迫力満点です。「鬼押出し園」の名にふさわしいダイナミックな景色がフォトジェニックですよ。

「鬼押出し園」のシンボル、黒い岩に映える赤い「浅間山観音堂」

現在では園内に散策ルートが設けられており、随所に設置された見晴台からは溶岩群と、周囲の自然景観を一緒に楽しめます。
中でも必見なのが、東京上野にある東叡山寛永寺の別院「浅間山観音堂」です。ここには浅間山噴火の犠牲になった霊を供養するため、聖観世音菩薩が厄除観音として祀られており、毎月18日は“御開扉”としてご本堂の扉が開かれます。鬼の招福厄除のお守りもあり、旅行の記念やお土産として買うのもおすすめです。

観音堂の赤い橋や境内は周囲の黒い岩の中でひときわ映えます。やや高台に位置しているので鬼押出し園や浅間山、さらには北軽井沢から万座、嬬恋方面に至るまでのパノラマを見渡せます。入口から観音堂まで表参道を歩き、裏参道をまわって入口まで戻る約30分の散策ルートが標準のコースです。

まだまだある! 「鬼押出し園」の見どころ

鬼押出し園
鬼押出し園

時間に余裕があるなら、浅間山観音堂の先にある「高山植物観察コース」も回ってみましょう。
約700mの遊歩道になっている高山植物観察コースでは、眼下に嬬恋村と、晴れていれば北アルプス連峰、谷川連峰、日光男体山までも一望できるので、ぜひ行ってみてください。また、高山植物観察コースや、入り口と浅間山観音堂を結ぶ裏参道の道中には“ヒカリゴケ”が自生しているので、そちらも必見です。

「鬼押出し園」へのアクセス

車を利用する場合は、上信越自動車道 碓氷軽井沢I.C.から約45分小諸I.C.から約50分です。
電車を利用する場合は、各方面からの最寄り駅から鬼押出し園までバスが運行しています。バスの所要時間はそれぞれ、JR 軽井沢駅から約40分、しなの鉄道 中軽井沢駅から約30分、吾妻線万座 鹿沢口駅から約25分です。

鬼押出し園(上信越高原国立公園)
住所
群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1053
営業時間
8:00~17:00(最終入園16:30) ※季節により営業期間・時間の変更、または休業する場合があります
入園料金
大人(中学生以上)650円、小学生/450円 ※未就学児は無料
電話番号
0279-86-4141
HP
https://www.princehotels.co.jp/amuse/onioshidashi/

一風変わった景色が広がる「鬼押出し園」。軽井沢、草津、嬬恋方面にお出かけの際はぜひ立ち寄ってみてください。

この記事は2018年6月23日に公開されたものを編集したものです。

 

※情報は記事公開日時点のものになります。