都心から埼玉県・秩父へラグジュアリーな列車旅。西武 旅するレストラン「52席の至福」をご紹介!

西武 旅するレストラン「52席の至福」は、西武新宿駅または池袋駅から西武秩父駅の間を運行するレストラン列車です。土日・祝日を中心に運行しており、その名の通り車内で季節のコース料理をいただけるのが魅力です。秩父の四季が描かれた車体デザインも素敵で、旅心をくすぐります。

都心と秩父を結ぶレストラン列車「52席の至福」

西武 旅するレストラン「52席の至福」 車両
西武 旅するレストラン「52席の至福」 車両
写真提供:西武鉄道

「52席の至福」ではブランチコースとディナーコースの2種類があり、ブランチコースは池袋駅または西武新宿駅を出発し西武秩父駅へ向かうコース。ディナーコースは、西武秩父駅を出発し池袋駅または西武新宿駅へ向かうコースです。両コースとも運行時間は2時間30分〜3時間で、旅行代金はブランチコースが10,000円(税込)、ディナーコースが15,000円(税込)です。

西武 旅するレストラン「52席の至福」 ブランチメニュー 西武 旅するレストラン「52席の至福」 ブランチメニュー
西武 旅するレストラン「52席の至福」 ディナーメニュー 西武 旅するレストラン「52席の至福」 ディナーメニュー
写真提供西武鉄道

車内で提供されるコース料理は、有名レストランの著名シェフや新進気鋭の若手シェフ監修によるもの。メニューは季節毎に変わり、秩父産のきのこや武州豚など埼玉県産の食材が一部に使われています。メニューの詳細を事前に知りたい方は「52席の至福」の公式ホームページで確認できますよ。

伝統工芸品があしらわれ広々とした客席車両

西武 旅するレストラン「52席の至福」 調理
西武 旅するレストラン「52席の至福」 調理
写真提供:西武鉄道

車両は4両編成で、それぞれ秩父の四季をイメージしたデザインになっています。1号車は「芝桜と長瀞の桜」、2号車は「秩父の山の緑」、3号車は「秩父連山の紅葉」、4号車は「あしがくぼの氷柱」が描かれています。また、車内のインテリアにも趣向が凝らされていて、所々に使われている伝統工芸品がラグジュアリーな電車旅を演出しています。デッキの仕切りには秩父伝統の絹織物である秩父銘仙、2号車の天井には柿渋和紙が使用されているんですよ。

西武 旅するレストラン「52席の至福」 客室
西武 旅するレストラン「52席の至福」 客室
写真提供:西武鉄道

客席車両は2号車と4号車で、それぞれ4人用のテーブル席が4卓と2人用のテーブル席が5卓あります。各号車26名定員なので、のびのびと過ごせます。ちなみに1号車は貸切で結婚式を挙げることもできる多目的車両、3号車はシェフが調理する様子が見学できるキッチン車両になっています。

乗車には早めの予約・申込がおすすめ!

西武 旅するレストラン「52席の至福」 ディナー(イメージ)
西武 旅するレストラン「52席の至福」 ディナー(イメージ)
写真提供:写真提供:西武鉄道

乗車は事前申込必須で、運行日の確認及び予約・申込は「52席の至福」公式ホームページから可能です。乗車は2名から可能で5名以上の場合はテーブル席が分かれます。ブランチコース・ディナーコースともに人気のため、1~2カ月先まで予約が埋まってしまうことがあるそう。乗りたい方は、早めの予約がおすすめですよ。

西武 旅するレストラン「52席の至福」
運行区間
池袋駅・西武新宿駅~西武秩父駅
旅行代金
ブランチコース/10,000円、ディナーコース/15,000円
運行日
土日、祝日 ※「52席の至福」公式ホームページの予約・申込画面をご確認ください
電話番号
04-2996-2888(西武鉄道お客さまセンター)
音声ガイダンスの案内により、メニューをお選びください。
※受付時間
平日/9:00~19:00、土休日/9:00~17:00
(12月30日~1月3日を除く)

のんびり景色を眺めながら、美味しい料理を堪能できる西武 旅するレストラン 「52席の至福」。喧騒を忘れ優雅で特別な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

この記事は2018年10月22日に公開されたものを編集したものです。

 

※情報は記事公開日時点のものになります。
※使用画像は全てイメージです。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設の営業時間変更または臨時休業となる場合がございます。事前にイベント主催者や各施設のウェブサイト等でご確認ください。