新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設や店舗は営業時間変更または臨時休業となっている場合があります。事前にイベント主催者や各施設の公式ウェブサイト等でご確認ください。

2月は梅が見頃!! 偕楽園「水戸の梅まつり」と合わせて茨城県の庭園やグルメを楽しもう!

茨城県水戸市は、江戸時代に尾張・紀州と並び“徳川御三家”と呼ばれた水戸徳川家の城下町として栄えた町です。水戸城跡や偕楽園などの史跡や公園が、現在も多く残っています。水戸市は海に面しているため新鮮な海の幸が豊富で、寿司やあんこう鍋などがいただけます。水戸の梅まつりと合わせて、周辺を観光してみましょう!

2月は梅が見頃! 日本三名園のひとつ「偕楽園(かいらくえん)」

偕楽園
偕楽園
撮影:dip / BUD International

金沢の兼六園、岡山の後楽園と並ぶ日本三名園のひとつ、「偕楽園」は、1842年に水戸藩第9代藩主の徳川斉昭(なりあき)によって造られた庭園です。広大な園内では、春は桜、夏はツツジ、秋は萩や紅葉、冬は梅と、季節ごとの美しい景色が楽しめます。竹林や杉林もあり、ゆっくり散策するのにうってつけです。

偕楽園
偕楽園
撮影:dip / BUD International

特におすすめなのが梅の季節です。園内には約100品種3,000本の梅が植えられていて、県内外から多くの人たちが訪れます。例年梅の見頃には「水戸の梅まつり」が開催されています。早咲きから遅咲きの種まで、長期間にわたって梅を楽しめるのが魅力です。

【終了】◎第124回水戸の梅まつり
<開催期間>2020年2月15日(土)〜3月29日(日)
<会場>偕楽園・弘道館

偕楽園
住所
茨城県水戸市見川1-1251
開園時間
2月20日~9月30日/6:00~19:00、10月1日~2月19日/7:00~18:00
入園料
大人/300円、小人(中学生以下)/150円
電話番号
029-244-5454
HP
https://www.ibarakiguide.jp/kairakuen.html

イギリス式の庭園が美しい「七ツ洞公園」

七ツ洞公園
七ツ洞公園

「七ツ洞公園」では、自然の地形を活かした緑豊かな園内に、イギリスから輸入した公園施設が設置されていて、本格的なイギリスの自然風景式庭園を楽しめます。 レンガの壁に囲まれた“秘密の花苑”や、大小5つの自然池を活かした“サーペンタイン”、人工的に作られた廃墟“フォリー”など、18~19世紀のイギリスで流行した庭園の様式を堪能できます。

七ツ洞公園
七ツ洞公園

園内の随所にはイギリスの庭園を語る上で重要な要素「ピクチャレスク」を感じ取ることができます。18世紀のイギリスで生まれた思想で、“絵画にそぐう風景”を意味しています。当時の貴族が求めていた“手付かずの自然”や、“時間の経過”といった表現を楽しめますよ。

七ツ洞公園
住所
茨城県水戸市下国井町2243
開園時間
秘密の花苑は8:30~17:00(11~2月は8:30~16:00)
電話番号
029-232-9214(水戸市公園緑地課)
HP
http://www.nanatsudo.net/

隣の笠間市へ足を延ばそう! 「笠間稲荷神社」

水戸市の隣、笠間市にある「笹間稲荷神社」は、651年創建と言われる由緒ある神社です。五穀豊穣、商売繁盛、火防(ひぶせ)の守護神である宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)をお祀りしていて、古くから多くの人の信仰を集めてきました。『忠臣蔵』で有名な、浅野内匠頭や大石内蔵助も厚い信仰を寄せたと伝わっています

境内には国の重要文化財に指定されている装飾が見事な本殿や、樹齢400年と言われる藤棚、貴重な古陶器や日本画などを所蔵する笠間稲荷美術館もあります。
水戸市から特急に乗って40分ほどなので、足を延ばしてみてはいかがでしょうか?

笠間稲荷神社

水戸の名物と言えば?

納豆(イメージ)
納豆(イメージ)

水戸市の名物と言えば“納豆”というイメージの方も多いのでは? 古くから水戸市では大豆の栽培が盛んで、農家では大豆を藁で包んで自家製造していたほどです。現在は水戸市を代表する名物として、人気のお土産となっています。

あんこう鍋(イメージ)
あんこう鍋(イメージ)

例年10月から3月に旬を迎える“あんこう”もおすすめです。水戸を代表する冬の味覚「あんこう鍋」は絶品です。
このほか、奥久慈しゃも、常陸牛といった地鶏やブランド牛も人気です。梅肉と黒糖を混ぜ固めた「のし梅」など素朴な甘味もありますよ。

季節ごとに楽しめる庭園や歴史スポットを巡りながら、グルメを味わえる水戸観光を楽しんでみてください。

この記事は2019年1月29日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。