新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設や店舗は営業時間変更または臨時休業となっている場合があります。事前にイベント主催者や各施設の公式ウェブサイト等でご確認ください。

実は世界中にあるって知ってた? 新宿アイランドタワー「LOVE」のオブジェ

フォトスポットとして人気がある、新宿アイランドタワーの「LOVE」のオブジェ。『花より男子』など人気ドラマのロケ地としても使われており、恋にまつわるジンクスや都市伝説も知られています。東京のランドマークのひとつとも言われる、この「LOVE」のオブジェについてご紹介します。実は、世界中にあるんですよ!

目次

  1. 「LOVE」のオブジェの作者は?
  2. ニューヨークや台北など、世界中にある「LOVE」が素敵
  3. 試してみる?「LOVE」のオブジェで叶う恋のジンクス!!

「LOVE」のオブジェの作者は?

新宿アイランドタワー LOVEのオブジェ
新宿アイランドタワー LOVEのオブジェ

「LOVE」のオブジェの作者は、アメリカ人芸術家のロバート・インディアナ氏です。戦後のアメリカを代表するアーティストの1人で、1965年にニューヨーク近代美術館のクリスマスカードデザインに「LOVE」が採用されたことにより、一躍世界に名を広めました。自由の国アメリカを象徴する“ラブ&ピース”からインスピレーションを受けたこの作品は、鮮やかなカラーとのバランスも絶妙で、ポップアートを代表する作品のひとつと言われています。

残念な事にロバート・インディアナ氏は2018年5月に89歳でお亡くなりになりました。
※ロバート・インディアナ(Robert Indiana) 本名:ロバート・クラーク(Robert Clark)

ニューヨークや台北など、世界中にある「LOVE」が素敵

ニューヨーク LOVEのオブジェ
ニューヨーク LOVEのオブジェ
台北 LOVEのオブジェ
台北 LOVEのオブジェ

日本では新宿アイランドタワー前に設置されている「LOVE」のオブジェですが、実は世界中にあります。ニューヨーク(アメリカ)をはじめ台北(台湾)オーチャード(シンガポール)バレンシア(スペイン)バンクーバー(カナダ)など。
最近では、千葉県にある京成線「みどり台駅」前にも設置されて話題になりましたよね。

ソウル LOVEのオブジェ
ソウル LOVEのオブジェ
バレンシア アモーレのオブジェ
バレンシア アモーレのオブジェ
photo by Sento

国は違えど「LOVE」は万国共通、とても愛されるシンボルとなっています。イタリアやスペインでは「アモーレ(愛、愛する人)」を用いたオブジェもあります。

試してみる?「LOVE」のオブジェで叶う恋のジンクス!!

ウェディングイメージ(イメージ)
ウェディングイメージ(イメージ)

LOVEのオブジェでは、有名な恋のジンクスがあります。そのジンクスとは、「LOVEのVとEの間をカップルで手をつなぎ通ると結婚できる」というもの。大切な人と、ぜひ試してみてくださいね。

新宿アイランドタワー LOVEオブジェ
住所
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-5-1
アクセス
東京メトロ丸の内線「西新宿駅」より、徒歩約1分です。

フォトジェニックで、オシャレな「LOVE」のオブジェ。オブジェの前で写真を撮ってコレクションするのも素敵ですよね。

この記事は2019年月12日に公開されたものを再編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。