一生に一度は見たい絶景!! ブラジルの白砂漠「レンソイス・マラニャンセス国立公園」

レンソイス・マラニャンセス国立公園
レンソイス・マラニャンセス国立公園

「レンソイス・マラニャンセス国立公園」は、一生に一度は見たい桁違いの絶景が広がる大砂丘です。この記事では、「レンソイス・マラニャンセス国立公園」の魅力やあわせて観光したい世界遺産「サン・ルイス歴史地区」もご紹介します。

白砂漠「レイソイス・マラニャンセス国立公園」とは?

レンソイス・マラニャンセス国立公園
レンソイス・マラニャンセス国立公園

ブラジルのマラニャン州にある「レイソイス・マラニャンセス国立公園」では、白い奇跡の絶景が楽しめます。東京23区の2倍の広さがある大砂丘で、真っ白な砂漠が果てしなく広がる、まるで絵画のような美しさです。雨の季節には雨水がくぼみにたまり、数百個のエメラルドグリーンに輝く湖が姿を現します。

レイソイス・マラニャンセス国立公園
Parque Nacional dos Lençóis Maranhenses

雨水なのに!? 砂漠なのに!? 泳げるの?

レンソイス・マラニャンセス国立公園
レンソイス・マラニャンセス国立公園

湖の水は雨水ですが、とてもきれいなので泳げます。現地は、気温が高くムシムシとしています。しかし、ひとたび湖の中に入ると、冷たい水がとても気持ち良くリフレッシュしながら泳げます。必ず水着などを持参してくださいね。

レンソイス・マラニャンセス国立公園
レンソイス・マラニャンセス国立公園

また夕暮れになると、砂丘が夕日に照らされ黄金色に輝き、昼間とは違った絶景が広がります。ぜひ、夕暮れ時まで滞在してくださいね。
ベストシーズンは6〜9月頃です。

あわせて観光しよう!! 世界遺産「サン・ルイス歴史地区」

サン・ルイス歴史地区
サン・ルイス歴史地区

レイソイス・マラニャンセス国立公園に行くなら、経由地の「サン・ルイス」にも、ぜひ寄ってみましょう。ここは、色とりどりのポルトガルタイルの建物が建ち並び「タイルの街」とも言われており、1997年にはユネスコの世界遺産に登録されました。
歴史地区内(旧市街)には、アルトゥール・アゼベド劇場や州庁舎、教会などがあり徒歩で散策できます。
また、サン・ルイスからレイソイス・マラニャンセス国立公園へのツアーも多く発着しているので、ここからツアーに参加してしまうのも便利です。

「レイソイス・マラニャンセス国立公園」へのアクセス

レンソイス・マラニャンセス国立公園
レンソイス・マラニャンセス国立公園

レンソイス・マラニャンセス国立公園へのアクセスは、日本から飛行機でブラジルのサンパウロへ。さらにサン・ルイスまで空路で向かいます。サン・ルイスからはバスで、レイソイス・マラニャンセス国立公園の玄関口のバヘイリーニャスへ。そこからはツアーを利用します。また、日本からの添乗員付きツアーに参加するのもおすすめです。

一生に一度は見たい絶景としてSNSでも話題の「レイソイス・マラニャンセス国立公園」。次のベストシーズンにはぜひ、行ってみてはいかがですか?

この記事は2016年11月6日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設の営業時間変更または臨時休業となる場合がございます。事前にイベント主催者や各施設のウェブサイト等でご確認ください。