「はての浜」で有名な沖縄・久米島を満喫!! 絶景やパワースポット、史跡を楽しもう!

那覇から約30分で行ける「久米島」は、「はての浜」を代表とする美しい自然が見られるほか、パワースポットや史跡も楽しめます。

久米島に行くなら外せない「はての浜」

はての浜 ※2018年9月撮影
はての浜 ※2018年9月撮影
撮影:dip / BUD International

久米島の東に位置する、砂浜だけでできた“東洋一美しい島”と呼ばれる「はての浜」。澄んだ青い海と真っ白な砂浜のコントラストが美しいと人気の観光スポットです。はての浜に向かう観光船を運航する会社はいくつかあり、それぞれ楽しめるアクティビティや船の種類などが異なるので、好みに合わせて予約してください。

子宝祈願のパワースポット「ミーフガー」

ミーフガー ※2018年9月撮影
ミーフガー ※2018年9月撮影
撮影:dip / BUD International

波が打ち寄せる岩場にぽっかりと穴が開いている「ミーフガー」。“女岩”という意味のこの岩は、女性が拝むと子宝に恵まれると言われているパワースポットです。岩のそばまで近づいてみると、そのスケールに圧倒されます。岩場は足元が悪いのでご注意ください。

奥武島にある天然記念物「畳石」

畳石 ※2018年9月撮影
畳石 ※2018年9月撮影
撮影:dip / BUD International

久米島と橋で繋がっている奥武島(おうじま)にある「畳石(たたみいし)」は、天然記念物に指定されている珍しい石です。亀の甲羅のような六角形の石がびっしりと敷きつめられた不思議な景色が広がります。これは溶岩が海水で冷えて固まる際に、亀裂が入ってできる柱状節理の石で、大きいものでなんと直径2mにもなります。訪れるなら、全貌が見渡せる干潮時がおすすめです。

久米島を一望できる「宇江城城跡」

宇江城城跡 ※2018年9月撮影
宇江城城跡 ※2018年9月撮影
撮影:dip / BUD International

「宇江城城跡(うえぐすくじょうあと)」は、久米島を含め沖縄県内で最も高いところにある城跡で、島を360度見渡せる絶景スポットです。造られた時期などは、はっきりと分かっていませんが、現在でも見事な石垣が見られます。

久米島で楽しめる絶景やパワースポット、史跡は、このほかにもたくさんあります。ぜひ、美しい久米島の景色を満喫してください。

この記事は2017年8月8日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設の営業時間変更または臨時休業となる場合がございます。事前にイベント主催者や各施設のウェブサイト等でご確認ください。