新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設や店舗は営業時間変更または臨時休業となっている場合があります。事前にイベント主催者や各施設の公式ウェブサイト等でご確認ください。

旅行なのに生理に!! 意外とかさばる生理用品はこうやって持っていこう

楽しい旅行の準備。あれこれ詰めていると荷物も増えがちですよね。旅行の時期と運悪く生理の時期が重なってしまったら、生理用品も持っていかなくてはなりません。特に海外では、生理用品も日本のものと違うので、普段から使い慣れているものを持参した方が安心です。

生理用ナプキン(イメージ)
生理用ナプキン(イメージ)

目次

  1. かさばらない!! 生理用ナプキンはまずはスリムタイプを選ぼう
  2. 生理用ナプキンは荷物の隙間を埋めるのにちょうどいい!!

かさばらない!! 生理用ナプキンはまずはスリムタイプを選ぼう

生理用ナプキン(イメージ)
生理用ナプキン(イメージ)

生理用ナプキン、昼用+夜用×旅行日数+αと考えると、結構な量を持っていくことになります。そのかさばりを少しでも解消するために、普段から使い慣れている生理用ナプキンでもスリムタイプを選びましょう。昼用夜用共にスリムタイプは販売されているので、それだけで半分くらいの容量になります。また、生理用ナプキンのパッケージをそのまま持っていくと、荷物検査の時に恥ずかしい思いをすることになるのでポーチや巾着に入れるなどして一見、生理用ナプキンと分からないような工夫をしましょう。

生理用ナプキンは荷物の隙間を埋めるのにちょうどいい!!

生理用品とポーチ(イメージ)
生理用品とポーチ(イメージ)

荷物が多くてあまりスペースがない方には、生理用品を小分けにしてパッキングする方法がおすすめです。その場合も見えないようにポーチに入れたり、巾着に入れたりしましょう。荷物の隙間に小分けにしたポーチなどを詰めていけば、荷物の偏りも防げるし手荷物に移す時も便利ですね。また日本の伝統的な風呂敷は用途も多く意外と役に立ちますよ♪

この記事は2017年1月11日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。