新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設や店舗は営業時間変更または臨時休業となっている場合があります。事前にイベント主催者や各施設の公式ウェブサイト等でご確認ください。

航空券や宿泊費以外にかかるお金は? 旅行先での現地滞在費を調べてみました!

海外旅行では、飛行機代、宿泊代のほかに、現地ではいくらくらいかかるのでしょうか?前もって分かっている費用以外に、食費や交通費などの現地滞在費は、どれくらい持っていけばいいのか迷ってしまいますよね。
ここでは、日本人旅行者に人気の韓国、台湾、グアムについて、滞在型の旅行で必要な交通費、食費などを、国別に調べてみました。参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 物価上昇率が高い韓国では賢くお買い物をしよう
  2. 食べ物が安い台湾では外食を楽しもう
  3. グアムではチップのお金を用意しておこう

物価上昇率が高い韓国では賢くお買い物をしよう

韓国・明洞でお買い物
韓国・明洞でお買い物

韓国はグルメやショッピングを目的に訪れる人が多く、特に首都ソウルは女子に人気の海外旅行地です。
焼肉の予算は、牛肉なら一人分15,000ウォン~、豚肉なら一人分10,000ウォン~が相場です。人気のタッカンマリ(鶏の水炊き)は、二人分16,000~20,000ウォンほど。屋台の食べ物はリーズナブルで、トッポッキは2,000~3,000ウォン、ホットクは700~2,000ウォンです。ミネラルウォーターは400ウォンほど。
交通費は日本に比べて安く、タクシーの初乗りは3,800ウォン、便利な地下鉄は1回1,350ウォンです。お土産などは、現地のスーパーなどを賢く利用すれば予算をおさえられますが、生鮮食品などは高いので長期滞在をする場合は割高になるかもしれません。
韓国旅行の目的の本命、ショッピングではアパレルやコスメのアイテムは10,000ウォンくらいから買えるものが多いですよ。
(1ウォン=約0.09円)

食べ物が安い台湾では外食を楽しもう

台湾・料理屋さんでグルメを堪能
台湾・料理屋さんでグルメを堪能

台湾では食事は外食が主流! 価格がとても安いのが特長です。夜市や屋台がたくさんあり、大人1人で150~300元あれば、小籠包やルーロー飯といった台湾グルメをおなかいっぱい食べることができます。コンビニもたくさんあり、ミネラルウォーターは15元前後です。
台北市内の交通は地下鉄、バス、タクシーですが、いずれも日本より安いです。地下鉄は20元~、タクシー初乗りは70元、バスは市内一律で15元、郊外へも30元でアクセスできます。
(1台湾ドル=約3.44円)

グアムではチップのお金を用意しておこう

グアム・街並み
グアム・街並み

グアムは商品をアメリカ本土から運ぶため、物価は高めです。
食費は1人あたり、ファストフードで5~10ドル、中級レストランで10~40ドル、高級レストランで40ドル以上はかかります。ミネラルウーターは1ドル程度です。
チップの習慣があるので、中級レストランでは料金の10〜15%、高級レストランでは20%、バーテンダーには1ドリンクにつき1ドル払うのが相場です。ドアボーイやポーター、ベッドメイクなど、ホテルでのサービスにも、各々1ドルのチップが必要です。
交通はタクシー、シャトルバスです。流しのタクシーはなく、基本料金が2.40ドル、最初の1マイルが4ドルとなっています。タクシーにも料金の10~20%のチップが必要です。シャトルバスは1回片道3ドルですが、ワンデーパスや無料シャトルバスもあるので上手に利用しましょう。
グアムでは非課税で買い物ができるので、ショッピングがお得に楽しめます。免税の範囲内であれば、ブランド品を安く購入できますよ。
(1ドル=約108.33円)

この記事は2017年2月1日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。