瓶や陶器など「こわれもの」のお土産ってどうしたらいい? 海外旅行先からの帰り方、梱包はこうする!

海外に行ったら、ワインやオシャレな陶器など日本じゃ手に入らないものを沢山買いたいけど、帰国時に破損させず無事に持って帰れるかどうか不安ですよね。そんな心配を一掃するために、壊れにくい持ち帰り方や梱包の仕方、空港でのとっさのひとこと英会話など、これを知っていれば安心! というものをお教えします。

目次

  1. 基本はスーツケースに詰めて預け荷物で。液体以外は手荷物でも
  2. 梱包するためにあるといいグッズは?
  3. チェックインカウンターでの英会話

基本はスーツケースに詰めて預け荷物で。 液体以外は手荷物でも

香水の瓶
香水の瓶

国際線では出国手続き前に購入した100mlを超える液体の入った容器は持ち込みに制限がかかり、100ml以上のワインボトルやビール瓶、香水の瓶などは機内持ち込みができません。スーツケースに入れ「受託手荷物」として預ける必要があります。
ここでポイントとなるのがスーツケースへの詰め方。受託手荷物は、結構乱雑に扱われる事も多いので、瓶や食器同士がぶつからないように1つ1つ丁寧に梱包し、スーツケースに隙間が出来ないようにするのがポイント。液体が入っているものなら、万が一割れた時の事も想定して、ビニール袋やジップロックに入れ、さらに持っている洋服でぐるぐるに巻いてぎゅうぎゅう詰めでスーツケースに入れるのがコツです。
食器類は機内持ち込みが可能なので、自分の手で持ち込むのもオススメです。

梱包するためにあるといいグッズは?

プチプチこと気泡緩衝材
プチプチこと気泡緩衝材

中に液体の入った製品を買う予定が出発前からあるのであれば、ビニール袋やジップロックを多めに持って行くのをおすすめします。その他、予め割れ物を買うつもりがあって、衣類だけじゃ不安だったり足りなさそうであれば、“プチプチ”こと気泡緩衝材を持って行くのもいいでしょう。これらはそんなにかさばる物でもありませんし、100均で手軽に購入する事が出来ますよ。
荷物になるから持っていけないという方は、現地で調達してもいいかもしれません。“プチプチ”は英語で“Bubble Wrap(バブルラップ)”で通じます。

チェックインカウンターでの英会話

空港で係員と会話する女性(イメージ)
空港で係員と会話する女性(イメージ)

割れ物を詰めたスーツケースを“壊れ物扱い”としてお願いしたい時、現地の空港のチェックインカウンターで「Could I have a fragile sticker?(クッド アイ ハブ ア フラジャイル スティッカー)」と係員の方に伝えてみて下さい。そうするとスーツケースや箱に「割れ物注意シール(FRAGILE SEAL)」を貼ってくれます。
ただし、シールを貼ってもらえたからといって、必ずしも丁寧に扱ってもらえる保障はなく、何かあっても航空会社が責任を取ってくれるわけではないのでご注意を。

この記事は2017年1月19日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。