ホテル選びの参考に!! オーシャンフロントとオーシャンビューはどう違うの?

ビーチリゾートのホテルで気になるのが “部屋からの眺め” ですよね。同じホテルでも部屋によって海の見える角度や見える海の大きさが違います。この記事では、ホテル選びに役立つ「お部屋の眺望」についてご紹介します。参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 最も海が見えるのは「オーシャンフロント」
  2. 人気の高い「オーシャンビュー」
  3. その他の部屋タイプは?

最も海が見えるのは「オーシャンフロント」

ハワイ オーシャンフロント(イメージ)
ハワイ オーシャンフロント(イメージ)

海が望める部屋の中で、最高位に位置するのが「オーシャンフロント」
「フロント=前」を意味するように、部屋の正面に海が見えるようになっています。窓一面に海が広がる眺めはとても気持ちがいいものです。そのため、料金も他の部屋タイプに比べて高めに設定されているところも。それでも、一度は泊まってみたいですよね。

人気の高い「オーシャンビュー」

オーシャンビュー(イメージ)
オーシャンビュー(イメージ)

オーシャンフロントに比べて眺めの良さは劣りますが、それでも海が見えることが約束される部屋が「オーシャンビュー」。バルコニーの有無や、眺望などによって料金が異なる場合があります。

ハワイ パーシャルオーシャンビュー(イメージ)
ハワイ パーシャルオーシャンビュー(イメージ)

ここで注意が必要なのが「パーシャルオーシャンビュー」という部屋タイプです。
「パーシャル=一部の、部分的な」という意味なのでこの場合は “部屋の窓からの景色の一部に海が見える” 程度の眺望です。なんとか海が見えるくらいなので、この部屋から望める海の景色に期待しすぎてはいけませんよ。

その他の部屋タイプは?

ここからは“海”ではない眺望(ビュー)をウリにしている部屋をご紹介します!!

東京 シティビュー(イメージ)
東京 シティビュー(イメージ)

まずは「街並み」を一望できる「シティビュー」。東京や香港などの大都市に多いです。

マウンテンビュー(イメージ)
マウンテンビュー(イメージ)

山が望める「マウンテンビュー」は高原リゾートなどで人気の部屋タイプ。庭に面している部屋の「ガーデンビュー」は、美しく手入れされた庭園が望める部屋タイプです。

いかがでしたか? それぞれ旅行のシーンなどによって、最適な部屋タイプを選んでみてくださいね。

この記事は2017年8月29日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設の営業時間変更または臨時休業となる場合がございます。事前にイベント主催者や各施設のウェブサイト等でご確認ください。