新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設や店舗は営業時間変更または臨時休業となっている場合があります。事前にイベント主催者や各施設の公式ウェブサイト等でご確認ください。

いつも清潔でいたいから!! 旅先で洗濯する時のお役立ち情報教えます。

国内でも海外でも、長期にわたる旅行は着替えなどの荷物が増えがちです。少しでも荷物を減らしたいし、旅行中でも直接、肌に触れるものは清潔なものを身につけたいですよね。で、あれば……簡単な洗濯はホテルでやってしまいましょう。この記事では、ホテルで洗濯する時のお役立ち情報をご紹介します。

洗い方は?

洗濯(イメージ)
洗濯(イメージ)

ホテルでの洗濯は、バスタブや洗面シンクにお湯をためて備え付けの石けんで手洗いするのが一番簡単な方法です。ちょっと面倒だなぁ、と思う人は大きめのファスナー式ビニール袋(食品保存用袋など)に、お湯と洗剤と洗濯物を入れて「振り洗い」「もみ洗い」をするのがおすすめです。ただしやり過ぎると衣類が傷んでしまうので、衣類に含んだ“汗”を洗い流すぐらいの感覚で洗濯するのがおすすめです。また普段使っている柔軟剤を少量持っていけば衣類に香り付けもでき、さらにリラックス効果もありますよ。

脱水方法と干し方

タオル(イメージ)
タオル(イメージ)

①広げたバスタオルの上によく絞った洗濯物をおく。
②バスタオルと洗濯物を一緒にクルクル巻きにする(イメージはのり巻き作り!)
③棒状になったタオルを足で踏むか、手で体重をかけてバスタオルに水分を吸い取らせる。

これで、脱水完了!! びっくりするぐらい脱水できていますよ。

洗濯ひも(イメージ)
洗濯ひも(イメージ)

干す時はバスルームに備え付けの洗濯ひもを使うのが◎ ホテルによってはついていない場合もあるので、携帯用のハンガーやロープ、洗濯ばさみなどを持参すると安心です。
ホテルの部屋は乾燥しているのでだいたい一晩で乾きますし、洗濯物を室内に干せば加湿効果もあって一石二鳥です!!

シミがついてしまったら?

コーヒー(イメージ)
コーヒー(イメージ)

旅先でよくあるのがワインやコーヒー、ケチャップなどのシミをつけてしまうこと。時間がたつと落ちなくなってしまうのでシミをつけてしまったら、まずはすぐにその部分を水洗いしましょう。さらに食器用洗剤で部分洗いをするのも有効ですが、すすぎ洗いの必要のない「携帯用シミ取り剤」を持参しておくのもおすすめです。

この記事は2016年11月11日に公開されたものを再編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。