今さら聞けない!? 日本三大ラーメンってどこのラーメン? その魅力や特徴に迫ります

好きな食べ物はラーメン!! と言う方、多いですよね。日本各地にはさまざまなラーメンがありますが、日本三大ラーメンがどこのラーメンかご存じですか? 同じラーメンでも、味、麺、具材が全く違うのがラーメンの魅力ですよね。この記事では、日本三大ラーメンについてご紹介します。

目次

  1. 札幌ラーメン【北海道】
  2. 博多ラーメン【福岡県】
  3. 喜多方ラーメン【福島県】
  4. 他にも人気のご当地ラーメン

札幌ラーメン【北海道】

札幌ラーメン(イメージ)
札幌ラーメン(イメージ)

札幌ラーメンと言えば「味噌」と思っている方も多いのでは? 実は札幌のラーメン店の多くは、醤油味、味噌味、塩味の3種類を提供しているお店が多く、札幌ラーメン=味噌ラーメンではありません。
麺はコシのあるモチモチとしたちぢれ麺、スープは豚骨などで、北海道の気候を考慮して冷めにくいようにラードで表面を覆うという、まさに北海道ならではの工夫がされています。

具材はチャーシュー、メンマ、ネギの他に、野菜炒めものせるのが定番です。これは昭和30年頃に「味の三平」の味噌ラーメンのスタイルが始まりと言われています。また、味噌ラーメンではチャーシューではなく、ひき肉を使うお店が多いのも「味の三平」発だとか…。野菜もたくさん食べられるので女性にも嬉しいラーメンです。

博多ラーメン【福岡県】

博多ラーメン(イメージ)
博多ラーメン(イメージ)

なんと言っても博多ラーメンの特徴は白く濁った「豚骨スープ」です。味付けや風味などはお店ごとに全く違います。麺は加水率(小麦粉に加える水の割合)の低い極細のストレート麺。加水率が低い=のびやすいため、1玉の麺の量が一般的なラーメンよりも少ないそうです。そのため他の三大ラーメンと違い「替え玉」や「麺の硬さを選べる」と言った特徴があります。

具材はチャーシュー、ネギ、キクラゲ、もやし、ノリなどですが、紅ショウガや白ごま、辛子高菜などをテーブルに置いているお店も多いんですよ。自分好みに味を変えられのが嬉しいですね。

喜多方ラーメン【福島県】

喜多方ラーメン(イメージ)
喜多方ラーメン(イメージ)

豚骨ベースと煮干しベースをブレンドし醤油味に仕立てたスープの喜多方ラーメンは「平打ち熟成多加水麺」という太くて柔らかなちぢれ麺が使われています。具材はチャーシュー、メンマ、ネギ、ナルト…などです。

なぜこんなに有名になったかと言うと、1983年頃に福島県の観光連盟などがこのラーメンを「喜多方ラーメン」と名付け、雑誌や全国ネットのテレビでPRするようになったからと言われています。その後、さまざまな地方の名がついたラーメンが登場するようになったので、喜多方ラーメンはまさに“元祖 ご当地ラーメ”とも言える存在です。

他にも人気のご当地ラーメン

尾道ラーメン(イメージ)
尾道ラーメン(イメージ)

もちろんご当地ラーメンは他にもたくさんあります! 例えば瀬戸内海の“いりこ出汁”を使った澄んだ鶏がらスープをベースに、豚の背脂のミンチがのっていて、濃淡のコラボレーションが絶妙な味の広島県「尾道ラーメン」。また、見た目は濃い色のスープですが、実はサッパリしているの岐阜県「高山ラーメン」も人気です。

いかがでしたか? ラーメンと言えどもひとくくりにはできません。ぜひ、いろいろなラーメンを食べてみてくださいね。

この記事は2019年2月1日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設の営業時間変更または臨時休業となる場合がございます。事前にイベント主催者や各施設のウェブサイト等でご確認ください。