金運がアップするかも!? 香川県にある銭形砂絵「寛永通宝」

香川県の西端にあり、瀬戸内海に面する観音寺(かんおんじ)市には、日本最大の“砂絵”があります。江戸時代に広く流通していた貨幣「寛永通宝」を砂で描いたもので、“銭形砂絵”と呼ばれています。金運アップのパワースポットとしても知られている観光地です。

銭形砂絵「寛永通宝」とは? なぜ作られたの?

銭形砂絵「寛永通宝」ライトアップ
銭形砂絵「寛永通宝」ライトアップ

銭形砂絵「寛永通宝」は、東西122m、南北90mの楕円形をしていて、周囲が345mもある巨大な砂絵です。有明浜海水浴場に隣接する琴弾(ことひき)公園内にあります。
作られた時代は古く、一説には寛永10年(1633年)にまでさかのぼると言われています。この地を訪れる藩主 生駒高俊公を歓迎するために、土地の人たちによって、一夜にして作られたと伝わります。
「この銭形砂絵を見れば健康で長生きし、お金に不自由しない」と言われる、金運上昇のパワースポットとしても知られていて、夜のライトアップは特に人気です。

銭形砂絵「寛永通宝」の見どころは?

展望台から銭形砂絵を見よう

銭形砂絵「寛永通宝」
銭形砂絵「寛永通宝」

銭形砂絵「寛永通宝」は、あまりにも大きすぎるため、地上からでは全体の様子を捉えきれません。全体を見るには、琴弾公園内にある展望台に行きます。展望台から眺めると、銭形砂絵の向こうに瀬戸内海を望めます。

銭形砂絵のライトアップ

銭形砂絵「寛永通宝」ライトアップ
銭形砂絵「寛永通宝」ライトアップ

毎日、日没から22時までライトアップされています。普段のライトアップはグリーンですが、年末年始など、季節によってはゴールドやブルーにライトアップされる日もあります。

銭形砂絵の化粧直し「砂ざらえ」

普段は銭形砂絵への立ち入りは禁止されていますが、春と秋の年に2回「砂ざらえ」というイベント時には、入ることができます。「砂ざらえ」とは、いわば化粧直しの事です。市民を中心に数100名のボランティアが集まり、銭形砂絵の形を整える行事です。深さが2m以上にもなる銭形砂絵のスケールの大きさを体感できるイベントです。

砂ざらえや特別ライトアップは、事前に告知されるので、訪れる前に観音寺市観光協会の公式サイトをご確認ください。

銭形砂絵「寛永通宝」へのアクセス

予讃線 観音寺駅
予讃線 観音寺駅

公共交通機関を利用する場合、最寄駅はJR観音寺駅です。JR観音寺駅から銭形砂絵のある琴弾公園までは、タクシーで約3分、徒歩だと約20分です。一日4便運行している、のりあいバス 五郷高室線を利用するのもおすすめです。路線上の自由なところで降ろしてもらうシステムなので、乗車したら運転手に行き先を伝えてください。「琴弾公園入り口」と伝えれば大丈夫です。
車を利用する場合は、高松自動車道大野原I.C.を降りて約12分。もしくは、さぬき豊中I.C.を降りて約15分です。

銭形砂絵「寛永通宝」(琴弾公園)
住所
香川県観音寺市有明町14甲14-4025
電話番号
0875-23-3933(観音寺市商工観光課)

一夜で作られたという言い伝えがあったり、金運にご利益があると言われる、銭形砂絵「寛永通宝」。ちょっと不思議な景色に出合いたい方におすすめです! ぜひ足を運んでみてください。

この記事は2018年2月16日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設の営業時間変更または臨時休業となる場合がございます。事前にイベント主催者や各施設のウェブサイト等でご確認ください。