宮河マヤと祥子が岩手県一ノ関から平泉へ。降る雪を見ながら源泉かけ流しの温泉を満喫!

岩手県一ノ関から平泉へ。左から祥子、宮河マヤ ©TBS
岩手県一ノ関から平泉へ。左から祥子、宮河マヤ ©TBS

フィットネストレーナーで「芸能界一の美尻女王」と呼ばれ抜群なヒップラインを持つモデルの宮河マヤと「謎の美女・祥子」としてデビューし時の人となった祥子が2月6日放送の「タビフク+VR」(BS-TBS|毎週水曜日23時00分~)にて、岩手県一ノ関から平泉へと旅します。絶妙な「あうんの呼吸」の二人の出会いのエピソードが番組内で披露されます。

こたつ舟に乗って猊鼻渓川下り。 ©TBS
こたつ舟に乗って猊鼻渓川下り。 ©TBS

二人がまず訪れたのは北上川の支流・砂鉄川沿いに高さ50m超の石灰岩の岸壁が続く「猊鼻渓」。こたつ舟に乗って川下りします。2kmに渡って水墨画のような絶景が続きます。

運玉を投げ込むという運試し。祥子 ©TBS
運玉を投げ込むという運試し。祥子 ©TBS

猊鼻渓(獅子の鼻)の名前の由来ともなった獅子ヶ鼻では、岩の横の猪の目に似た穴に運玉を投げ込むという運試しをすることができます。運玉の種類は「福」「縁」「運」「恋」「愛」「財」…などなど様々。二人が選んだ願いを叶えたい運とは?そして結果は?

「世嬉の一」でもち本膳体験。左から祥子、宮河マヤ ©TBS
「世嬉の一」でもち本膳体験。左から祥子、宮河マヤ ©TBS

宮城県と隣接する旧伊達藩の一ノ関・平泉地方では一年を通してお餅をたべるというもち食文化がいまも残っています。冠婚葬祭などでは必ず、振る舞われ、「もち本膳」と呼ばれる独特の儀式があり、作法や食べ方にも決まりが。二人もこれを体験。一ノ関駅すぐの「世嬉の一」では、千本杵を使った餅つき体験やもち本膳体験します。

中尊寺。左から祥子、宮河マヤ ©TBS
中尊寺。左から祥子、宮河マヤ ©TBS

そして、世界遺産・平泉を代表する中尊寺。奥の細道で松尾芭蕉が訪れ、藤原氏を偲び、「夏草や兵どもが夢のあと」の句を詠んだことはあまりにも有名。二人は本堂、金食堂へと続く表参道である急な月見坂を上りながら様々な話をします。祥子からは意外な初恋の話も聞かれ…。

「山人~yamado~」。雪を見ながらの温泉。左から宮河マヤ、祥子 ©TBS
「山人~yamado~」。雪を見ながらの温泉。左から宮河マヤ、祥子 ©TBS

今回、ふたりが泊ったのは秋田県にほど近い全国有数の豪雪地帯、湯川温泉に佇むたった12客室のオトナのヒーリングリゾート「山人~yamado~」。岩手の大自然を肌で感じ、地元の食材を見事に調理する料理長、しんしんと降る雪を見ながらの源泉かけ流しの温泉…。その全てが快適で、極上の宿だ。夜の二人の部屋では宮河マヤの美尻フィットネス指導などもあり…。二人の素顔が各所にみられる。
放送は今夜2月6日の23時00分から。見逃さないようチェックしよう♪

番組が訪れる様々なシーンで画面に現れるQRコードをスマホで読み込むと360度VR動画でその場所に実際に行ったかのようなバーチャル体験が。
さらに首都圏のJTBトラベルゲート各店にはタビフクの360°バーチャル・リアリティの世界を体験、体感できるスペースが設置されています!

タビフク+VR
タビフク。ロゴ
BS-TBS|毎週水曜日23時00分~
おしゃれ女子必見!! 旅(タビ)×ファッション(フク)+360°=『タビフク+VR』。プライベートでも本当に仲の良いファッショナブルな女性タレント、モデル、歌手、女優など、20代女子たちが憧れる女性ゲスト二人が、人気急上昇中の国内を中心としたさまざまな旅先を訪れます。

※情報は記事公開日時点のものになります。