新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中のイベントは延期または中止、各施設や店舗は営業時間変更または臨時休業となっている場合があります。事前にイベント主催者や各施設の公式ウェブサイト等でご確認ください。

秋田の秘湯「乳頭温泉郷」で湯めぐりと郷土料理を堪能しよう!

秋田県の山あいに湧く温泉地「乳頭温泉郷」。名前は聞いたことがある、という方も多いのでは? 豊かな自然と山里の風情たっぷりの温泉で、温泉好きなら一度は訪れたい憧れの温泉です。

乳頭温泉郷とは?

乳頭温泉郷
乳頭温泉郷
撮影:dip / BUD International

十和田八幡平国立公園に指定されている乳頭山麓に点在する7つの温泉宿「乳頭温泉郷」は、泉質の異なる源泉が10種類以上あります。それぞれに個性的な露天風呂があり、まさに秘湯と呼ぶにふさわしい佇まいです。温泉郷内をめぐるバスがあるので、湯めぐりが気軽に楽しめますよ。

乳頭温泉の7つのお宿をご紹介

由緒正しい温泉宿「鶴の湯」

鶴の湯
鶴の湯
撮影:dip / BUD International

「鶴の湯」は、7軒の宿のうち最も古い温泉宿で、江戸時代に秋田藩主の湯治場だった温泉です。白湯、黒湯、中の湯、滝の湯と呼ばれる4つの源泉があり、それぞれ効能や肌触りが違うので比べてみるのがおすすめです。露天風呂は混浴と女性用があるので、混浴はちょっと…という方も安心です。

鶴の湯
住所
秋田県仙北市田沢湖先達沢国有林50
電話番号
0187-46-2139
入湯料
600円

渓流のせせらぎを感じる「妙乃湯」

妙乃湯
妙乃湯
写真提供:(一社)田沢湖・角館観光協会

「妙乃湯」には金の湯、銀の湯という2種類の温泉があり、それぞれ露天風呂や内湯を楽しめますよ。川ぞいにあるので、露天風呂からは森と渓流の景色が望めるんです。露天風呂は混浴ですが、女性には専用バスタオル(※)を貸してくれるので気軽に利用できます。このほか、岩風呂(※)や寝湯もありますよ。

※専用バスタオルの貸し出しは宿泊者のみ
※岩風呂は時間制の男女入替

妙乃湯
住所
秋田県仙北市田沢湖生保内字駒ヶ岳2-1
電話番号
0187-46-2740
入湯料
800円

秘湯の雰囲気たっぷり「黒湯温泉」

黒湯温泉
黒湯温泉
写真提供:(一社)田沢湖・角館観光協会

乳頭温泉郷の最も奥に位置するのが「黒湯温泉」です。周りをブナ林に囲まれた“山の湯”の風情が漂い、秘湯の雰囲気たっぷり。宿の敷地内で温泉が湧き出ており、湯量は乳頭温泉郷随一です。野趣ゆたかな露天風呂や打たせ湯が楽しめます。
また、こちらは4月下旬から11月下旬までの季節限定の営業となっています。

黒湯温泉
住所
秋田県仙北市田沢湖生保内黒湯沢2-1
電話番号
0187-46-2214
入湯料
600円

原生林に佇む温泉「蟹場温泉」

蟹場温泉
蟹場温泉
写真提供:(一社)田沢湖・角館観光協会

近くの沢に蟹がたくさんいることからその名がついた「蟹場温泉」。こちらは、宿から約50m離れた原生林の中に露天風呂があり、自然をたっぷり楽しめます。

蟹場温泉
住所
秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林
電話番号
0187-46-2021
入湯料
600円

湯治場の風情が残る「孫六温泉」

孫六温泉
孫六温泉
写真提供:(一社)田沢湖・角館観光協会

“山の薬湯”と呼ばれている「孫六温泉」は、川ぞいにある湯治場の風情が残る温泉宿です。温泉は宿から川に下りたところにあり、大きな女性専用の露天風呂があります。

孫六温泉
住所
秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林
電話番号
0187-46-2224
入湯料
520円

木造校舎がノスタルジックな「大釜温泉」

大釜温泉
大釜温泉
写真提供:(一社)田沢湖・角館観光協会

「大釜温泉」は小学校の木造校舎を利用した、ノスタルジックな雰囲気が人気の温泉宿で、露天風呂は熱い湯とぬるめの湯があるのが特徴です。
夏季限定で、乳頭温泉郷唯一の足湯もありますよ。

大釜温泉
住所
秋田県仙北市田沢湖田沢字先達国有林
電話番号
0187-46-2438
入湯料
600円

秘湯を気軽に楽しめる「休暇村 乳頭温泉郷」

休暇村 乳頭温泉郷
休暇村 乳頭温泉郷
写真提供:(一社)田沢湖・角館観光協会

ここまでご紹介した場所はレトロな趣や、歴史ある佇まいの温泉宿ですが、「休暇村 乳頭温泉郷」は他の温泉宿よりも比較的新しい施設です。自然や温泉を、多彩なアクティビティや宿泊プランで満喫できます。

休暇村 乳頭温泉郷
住所
秋田県仙北市田沢湖駒ケ岳2-1
電話番号
0187-46-2244
入湯料
600円

乳頭温泉を堪能するなら「湯めぐり帖」がお得

乳頭温泉郷 湯めぐり帖
乳頭温泉郷 湯めぐり帖

乳頭温泉郷で湯めぐりを余すところなく楽しみたい! という方には「湯めぐり帖」がおすすめです。乳頭温泉郷に宿泊する方のみ購入でき、ひとりあたり1,800円で販売しています。日帰り入浴の料金はそれぞれ異なりますが、一軒あたり520~800円なので4つの温泉に入れば元が取れます。
また、湯めぐり帖で温泉郷内を走るバス「湯めぐり号」に乗車できるほか、「湯めぐりマップ」を購入すれば、日帰り入浴のみ利用する場合でも湯めぐり号に乗車できますよ。

◎湯めぐり帖
<料金>1,800円

◎湯めぐりマップ
<料金>600円

秋田の名物料理「きりたんぽ鍋」はぜひ食べたい!

きりたんぽ鍋(イメージ)
きりたんぽ鍋(イメージ)

温泉宿に泊まったら、食事も楽しみですよね。乳頭温泉郷の宿では、山の幸が中心の郷土料理をいただけますよ。特に名物料理「きりたんぽ鍋」は、ぜひ食しておきたいところです。お米でできた、きりたんぽに野菜や肉の出汁がしっかりとしみていて絶品! 身体の芯から温まる一品です。このほか、季節ごとにハタハタや鮎なども楽しめます。ぜひ味わってみてくださいね。

乳頭温泉郷へのアクセス

秋田新幹線(イメージ)
秋田新幹線(イメージ)

公共交通機関で行く場合は、JR田沢湖駅からバスに乗車して「乳頭温泉バス停」まで行けます。秋田空港から向かう場合は、乳頭温泉郷へ向かうバスもあるので便利ですよ。このほか、宿泊する宿ごとの送迎もあるので、予約する際に問い合わせてみてください。

乳頭温泉郷は山深いところにあるので、都会の喧騒から離れてのんびりできますよ。温泉と美味しい地元の名物を堪能しに、ぜひ秘湯・乳頭温泉郷へおでかけください!

この記事は2017年12月15日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。