熱海梅園で秋の彩りにうっとり♪日本で最も遅い紅葉を楽しむ!

「熱海梅園」といえば、春の訪れを告げる日本一早咲きの梅と秋の終わりを彩る日本一遅い紅葉!1月中旬~3月上旬は梅まつり、11月中旬~12月上旬には「もみじまつり」が開催されます。このほか5~6月はまぶしい新緑楽しめるので、園内をのんびりと散歩しながら季節ごとの景色を楽しんでみませんか?

熱海梅園の紅葉と見頃

熱海梅園 紅葉

温暖な気候のためゆっくりと訪れる熱海梅園の紅葉。11月下旬から12月にかけて園内のカエデ類380本が色づき、あでやかな色彩に目を奪われます。早咲きの梅はなんと11月中旬頃から花を開くものもあり、紅葉と梅の共演が楽しめることも!

園内は44,000㎡と広く、高低差のある土地ならではの様々な景色が魅力です。なかでも、園内中央にある見晴らし台からの眺めがおすすめ。朱色の橋を赤や黄に色づいた樹々が取り囲む、秋の趣あふれる景色と出会えます。

熱海梅園の「もみじまつり」

熱海梅園 ライトアップ

2018年は11月17日(土)から12月9日(日)に開催予定の「もみじまつり」は、紅葉に華を添えるイベントが盛りだくさんです。冷え込みが厳しくなる時期に嬉しい足湯をはじめ音楽イベントにも力を入れていて、期間中の日曜日にはジャズ演奏が行われます。またフォトコンテストもあるので、園内で撮影した彩り豊かな写真を応募してみては?

熱海梅園もみじまつり

またこの期間、夜には紅葉に染まる園内がライトアップされます。照明の光で浮かび上がる幻想的な樹々はうっとりする美しさですよ。明るい昼間とはまた違う表情の紅葉は一見の価値ありです。

熱海梅園へのアクセス

首都圏から電車で行く場合、JR来宮駅から徒歩約10分ですが道のりは上り坂です。園内散策のために体力を温存したい方は、JR熱海駅からバスで行くことをおすすめします。梅園・相の原団地行きに乗車し、約15分で「梅園」バス停に到着すると熱海梅園は目の前です。車で行く場合は、西湘バイパス石橋ICから国道135号を経由して約40分の所にあります。東名高速道路沼津ICからは約45分です。沼津ICを下りた後は東駿河湾環状道路に入り、大場・函南ICで出て県道11号線を走ります。

日本一遅い紅葉を見て、過ぎ行く秋の美しさに感動しませんか?今年は紅葉狩りに行きそびれているという方も、熱海梅園に行けば間に合うかもしれません!

熱海梅園
住所
静岡県熱海市梅園町8-11
営業時間
9:00~21:00(ライトアップは16:30~21:00予定)
定休日
無休
電話番号
0557-86-6218
■この記事で取り上げた施設について

※情報は記事公開日時点のものになります。