通称「モネの池」 まるでモネの描いた《睡蓮》のように美しい!! 【岐阜県関市】

モネの池
モネの池

透き通った池に浮かぶ睡蓮の花、そして水に反射して映る草木…みなさんはクロード・モネの描いた《睡蓮》は、ご存じですよね。あの美しい池のような場所が岐阜県関市にあります。近年、SNSやメディアでも話題になった、通称「モネの池」です。

「モネの池」は、通称です。池には正式名称がなく“根道神社の池”、“名もなき池”などとも呼ばれています。

モネの池の、見頃は?

モネの池
モネの池

モネの池の見頃は、睡蓮の花が咲き始める5月頃からと言われていますが、夏は紫陽花、秋は紅葉、冬は雪化粧など、さまざまな景色が楽しめます。

モネの池
モネの池

モネの池には、車で行くのがおすすめ

モネの池
モネの池

近くに駅はないので、車で行くのがおすすめです。東海北陸自動車道の美濃I.C.(名古屋寄り)から国道256線を北上して約40分、もしくは郡上八幡I.C.(富山寄り)から国道256号線を南下して約30分です。カーナビでは、池の近くにある施設「フラワーパーク板取(〒501-2901 岐阜県関市板取440-1)」を入力すると便利です。

モネの池の、駐車場とトイレについて

モネの池の近辺には、いくつかの駐車場があります。SNSやメディアで話題になり各地から訪れる人が増え、平日の午前中でも埋まってしまうことがあります。休日は、さらに混み合うので、ホームページなどで最新の情報をチェックしてからお出かけください。またトイレは、ベビーシート付き多目的トイレなどを完備した、モネの池専用のトイレがあります。

モネの池
住所
〒501-2901 岐阜県関市板取441
ウェブ
関市観光協会
http://sekikanko.jp/modules/content/index.php?lid=174

根道神社での参拝もお忘れなく

モネの池は、「根道神社」のほとりにあります。根道神社は、4月(春)と10月(秋)に例祭が執り行われます。モネの池を満喫したら、根道神社での参拝もお忘れなく。

根道神社
読み方
ねみちじんじゃ

日の当たり具合によって、水のブルーの濃淡がさまざまに変わる「モネの池」。おすすめの時間帯は人が少ない早朝です。ぜひ、行ってみてくださいね。

この記事は2016年7月6日に公開されたものを再編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。