トリドリ編集部

完成まで10年を切ったガウディの未完最高傑作「サグラダ・ファミリア」を見に行こう!

ポルトガルとフランスの間にある、情熱の国スペイン。スペインといえば、フラメンコやタパス料理、闘牛…いろいろありますが、アントニオ・ガウディが設計した「サグラダ・ファミリア」は外せませんよね?今回は、サグラダ・ファミリアとガウディについて詳しくご紹介します。

そもそも「サグラダ・ファミリア」って何なの?

スペインのバルセロナに佇む、未完の世界遺産「サグラダ・ファミリア」。建築家アントニ・ガウディが設計したことで知られており、1882年に建設が始められてから、130年以上経った今でも建設が進められている教会です。高さは172mになる予定の砂岩を使った石積みの建築物で、世界遺産にも選ばれています。サグラダ・ファミリアの中には豪華なステンドグラスがあり、光が入ると七色の虹となって柱を彩り、とても幻想的です。長い間完成は未定とされていましたが、2026年に完成されることが決定しました!しかも、2026年はアントニオ・ガウディが亡くなってから100年の節目の年です。

■サグラダ・ファミリア
住所
Carrer de Mallorca, 401, 08013 Barcelona, スペイン
営業時間
9:00~20:00
定休日
1月1日・1月6日・12月25日・12月26日の午後
電話番号
+34 932 08 04 14
HP
http://www.sagradafamilia.org/

スペインの偉大な建築家「アントニオ・ガウディ」

アントニオ・ガウディは、スペインの建築家で、1852年6月25日にスペインの西部にあるカルターニャ州で生まれました。アントニオ・ガウディの家系は、代々銅細工師という銅板を加工して釜や鍋を作る仕事をしていたため、アントニオ・ガウディの空間把握能力が磨くのに一役買ったといわれています。アントニオ・ガウディの作品には、「サグラダ・ファミリア」をはじめ、「グエル公園」や「カサ・ミラ」などがあり、すべてがカルターニャ州の州都であるバロセロナに建てられています。これらは、1984年に「アントニオ・ガウディの作品群」として、ユネスコの世界遺産にすべて登録されました。

2026年にサグラダ・ファミリアがとうとう完成します!

サグラダ・ファミリア

1882年の着工から既に130年が経過しているサグラダ・ファミリアは、近代の建築技術の進歩もあり、ガウディ没後100年の2026年に完成予定だと発表されました。サグラダ・ファミリアの完成イメージ動画も公開され、圧巻の出来栄えです!2017年2月の時点で、視聴回数は700万回を超えているので、注目度の高さが伺えますね。また、工事中の今の姿は今しか見られない姿でもあるので、行ってみる価値がありそうです。2026年の完成後には、今よりさらに多くの観光客が訪れ、建物の雄大さと中の繊細で厳かな雰囲気に感動できることでしょう。

※情報は記事公開日時点のものになります。